子育て終了の瞬間

ホテルの玄関でタクシーのドアが閉まりました。

中には大学入試に向かうP介が一人で乗っています。

行ってらっしゃい。


子育て終了の瞬間です。


親の役目はここまで。

「受験票持った?お金持った?携帯持った?楽譜持った?筆記用具持った?」


忘れ物の王者であり覇者であるP介に最後にしてやれること。

これをやりに東京から来ました。


アパートを決めたり書類を揃えたり
あとは自分で進んで行くことでしょう。

手を離してもいつの間にか私の右手と自分の左手ををつないできていたP介。


かなり寂しいけどよくぞ育った!

これから頑張ってくれ。

"子育て終了の瞬間" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント