想像の上を行く認知症

父(94)が亡くなり

遺された母(85)は、10年以上認知症です
糖尿病が原因で 認知症になりました。
85歳になった今でも、あまり症状は進んでいません。
自分の名前も書きます。
私が たた美だ、ということはわかります。

でも認知症です。
「たた美は、私の子供?」などと聞いて来ます。


父は、認知症の母の介護をしていました。
食事も洗濯も掃除も

90歳を過ぎても買い物に行っていました

銀行に行く道すがら 父は言いました
「あいつはワガママでワガママで」

もう足がおぼつかない父に「何か食べるもの買って来てー」なんて平気で言ってたみたいだからね
あの調子で人生来たんだろう

「でも、俺は守って守って守って来たんだよ」
父は言っていました。


何から?
父は、母を何から守って来たのでしょう。

親戚づきあい
お金
父の親を介護すること

他にもいろいろとあったのかな

父にとって、母はとても大切な人でした

だから守って来た

人生かけて守って来たんです、きっと。
いろいろな しがらみから。

晩年の父は
生きること、生き続けることに重きを置いていました

「オレが死んだらお母さんには年金がいくら出るんだろう。悪いけどちょっと調べてみてくれる?」

私は、関係する事務所まで行って聞いてきました。
一人になっても大丈夫。
二階には息子の家族が住んでいるし、大丈夫。


父は 自分亡きあとの母のことが気がかりでした
「オレより早く死んだらダメだよ。1日でもいいからオレより先に死んだらダメだ」と言っていました。
母は「そんなことわからないよ」と素っ気なかったけれども。


母は

父が亡くなったら どうなるのか
私はかねがね想像していました

予想された母の言葉

「お父さん、遅いね」
「お父さんがまだ帰っていないから鍵かけたらダメだよ」
「お父さんはどうした?」


父がいなくなったことがわからない。
たぶんそうだ。
このようなことは想定内でした

きっと母は、父が亡くなったことを忘れて、何度も「お父さんは?」って私に聞く。
それは想定内でした。

実際、何度も「お父さんはこの前死んじゃったよ。そこにあるのが遺骨」と私は答えました。
何度も。

そのたびに母は「お父さん、なんで死んだ?」と聞きます。
「老衰。94歳だったんだよ」と言うと
「老衰じゃしょうがないね」と。


でもでも。

認知症は、想像のはるか上を行っていました


母「私は そもそも一人暮らしだったぁ?」


母の認知症は、父の存在自体を消そうとしていたのです。
60年にもおよぶ父との結婚生活をなかったものにしようとしていました。


父は生涯 母を守ってきたというのに

母が言う「お父さん」は自分の実父のことです、どうやら。


とても とても とてもショックを受けて、軽いパニック状態になっていました、私はたぶん。
「何言ってるの!」
「冗談じゃない!」

本気になりました。女優にはなれなかった。父があまりにも不憫で。


たまたまメッセージをくれた友達に訴えたら
「落ち着いて落ち着いて。お母さんは病気だからしょうがない」「否定したらダメ」

このお友達は数年前に お母さんを見送った方です。それでも理解してはもらえなかった。


そうだよ
相手は病気なんだよ
それはわかっているけど、父の存在自体を消そうとするなんて許せない

認知症の家族を介護した経験がない人にはわからないんだなあと実感
経験した人だったとしても、一人ひとり違うのでしょうね。
私の母は、父の存在自体を消そうとしています。

こわいな認知症


私は顔写真入りの家系図を作りました
父と母が結婚
生まれたのが たた美と ひでお

たた美がだんなさんと結婚して
生まれたのが いっちー とP 介

顔写真つきで。

家系図.jpg


何度も説明を繰り返しているうちに、だんだんと間違えないようになってきました

これからは 「父の存在を消さないこと」と「認知症」とたたかって行きます


家族の会とか行ってみようかな










父が亡くなりました

2019年7月29日

最愛の父が亡くなりました。

さすが父!
老衰で亡くなったのです。
94歳でした。

最期まで歩いていました。

最期に ニカーっと 笑いました。

「おかえりなさーい」と私が言ったのに対する応えでした。

誤嚥性肺炎で4日ほど入院し、退院して家の敷地内に車(弟の)で帰りました。
助手席から、なんとか出てきた時に 私が声をかけたのです。

「おかえりなさーい」
それに対してニカーっと。


それが最期でした。

そのあとは一歩も出ず
目がすわってきました

心臓と呼吸が止まり、再び救急車で入院。

延命はせず、三日後に入院先で亡くなりました。


すごいなぁ
94年の人生。
すごい。
男性の平均寿命を20年くらい上回っているよね

死んで行く身体には、水も栄養も必要ないらしいです。
与えられると かえって苦しいんだって。

そのことを友人(元ケアマネ)から聞いていました。
なので 医師から「どうしますか」と言われた時に
「治療しない幸せもある」って言えました。

「死ぬのはしょうがないけど、痛いのは嫌だな」と聞いていたから言えたことでした。

弟は「いざそうなった時には自分はどう思うかわからない」と言っていました。
延命してくれ、と思うかもしれない、と。

でも大丈夫でした。
「うん」と言ってくれました。

喉を切開して栄養を入れる、などは せずに済みました。

お父さん、ありがとう。
十分でした。

十分に生きてくれました。
認知症になった母の介護もしてくれていました。
食事、掃除、洗濯。
10年以上。

なによりも存在がありがたかった。
お父さんという存在が大きかった。

最後、家事はできなくなっていたけど、父は私の心のよりどころでした。
きっと もうすぐ違う世界に行ってしまう。
1年で10キロ痩せてしまった。
腸が栄養を吸収できなくなっている。

覚悟はしていました

でも本当に死んでしまうのね、人間って。

90、100まで生きるというのも遺された人たちへのプレゼントかもしれません

「せめてもう一度会いたい」とか「こうしてあげればよかった」とか、そんな後悔は一切ありません。
伝えたいことは全て伝えることができました。
「今までありがとう」「お父さん、大好き」

だって94歳まで生きてくれたのだもの。
言いたいことを言う時間は たっぷりとありました。


ありがとうお父さん。
不自由になった身体を脱ぎ捨てて、自由になってください。









シニアのためのキャッシュレス決済について考える

シニア情報アドバイザー たた美です ← 資格持ってます


シニアの人が一人になった時 助けてくれるのはインターネットです

そんな信念を持つNPO法人に所属し、パソコン教室の講師、スマホ教室の講師をしています


家の中で 一人になってしまっても
あるいは独身でも 頼れる人がいなくても 足が不自由になってしまっても
インターネットがあれば物が届きます

お弁当が届きます
トイレットペーパーも ペットのシートも 園芸の土も届きます
タクシーも呼べます

スマホでQRコードを読めば、オトクな情報を手に入れることができます


最近話題のキャッシュレス決済(現金を使わない決済方法)も シニアを助けてくれます
クレジットカードもキャッシュレスですが、クレジットカードは後払いですよね。
なので 使い過ぎてしまうかもしれない という懸念があります。


あらかじめチャージしておいて それから使う前払い式のキャッシュレス決済を選んで利用すれば
その中だけでしか使えないので 使い過ぎる心配がありません

同時払いのデビッドカード決済もおすすめです。


スマホは一生持たない、などと言っていないで
少しでも若いうちに スマホの扱いに慣れたほうがいいと私は思います
一生が長いものになるかもしれないからです


結局、やっぱり インターネット が自分を助けてくれるので
時代に合わせるならば、他のことを節約しても通信費を惜しむべきではない と思います


ネット難民とならないために、少なくともパソコンを持ちましょう

キャッシュレス決済のためには スマホかタブレットを持って
家を出ましょう


現金! 現金だ!!という方、考え直してください。

銀行口座にお金を入れていても 利息はほとんどつきません
私がpaypayで得をした2万円強の利息を得るために、口座にはどのくらいの現金が必要になるでしょう
Line pay を使って、コンビニで1000円分買ったら200円オトクになりました。
200円の利息を得るためには、口座にいくら現金が必要になるでしょう


ATMは世の中から徐々になくなりますから現金をおろすのが不便になります。
自分のお金なのに です

ATMは金食い虫らしく 維持にお金がかかるようです(人件費・維持費)

各銀行は、お荷物であるATMをなくしていく方針です
ATMが減りつつあります
駅前のATMで自分のお金をおろすのに 多額の手数料を払うことにもなりかねません

キャッシュレス決済なら銀行口座から現金をおろさなくても、お買い物ができます
例えばデビッドカードを使って決済すれば
口座にあるお金から直接お店にお金が支払われるので現金を持つ必要がないのです。


キャッシュレス決済、スマホ決済では 
ポイント還元があったりポイントが貯まったりするので
それを品物やタクシー代の一部に充てることができます

口座に現金をおいておくよりもオトクだと私は思います
口座の現金に利息はほとんどつかないからです

外国では「現金おことわり」というお店も出てきているようです。

日本もそうなっていくのかもしれません。
何かひとつでもキャッシュレス決済を始めておけば安心です。

お店の側も現金でのやりとりがない分、おつりを間違えることがないし
偽札を使われるおそれがないので安心なのです。
現金での売買ではお店はレシートを発行しなければなりませんのでその経費もバカになりません。

スマホ決済なら、スマホに売買の記録が残るので自分としても家計簿代わりに使えて便利です。
記録がきっちり残るということで、国としては税金をきっちり納めてもらえるというメリットもあります。

なんだか怖いから手を出さない という方もいます。
でも何もしていない人にも被害が出ています。
クレジットカードで、買った覚えのない品物はないかどうか、記録が届いたら きちんと見てください。

「どうしてこんなことに?」 などと言っていないで 自分も飛び込んでみて
その仕組みを身近に感じた方がいいのではないだろうか
と私は思っています



<私が使っているキャッシュレス決済>参考になれば と思います

・Suica、PASMO など  ・・・日本では交通網が発達しているので 交通系のカードは必須です。

駅で500円のデポジットを払って入手し、それに券売機かセブン銀行でお金をチャージしてから使います(オートチャージもあり)
切符を買うよりもオトクに電車に乗れます
Suicaでは「メトポ」というポイントバックが行われています。東京メトロをよく使うかたは登録しておくといいと思います。
ポイントが少しずつ じわじわと貯まり、それを交通費に充てることができます


Line pay ・・・ Lineを使っている方、これは是非。

コンビニ(ファミマかローソン)、又は指定した銀行口座から スマホにチャージ(お金を補充)します。
入れた金額だけ店舗で使えます。

コンビニや大型電気店、薬局や居酒屋などで使え、使えるお店は増えています。
電気店の通販でも使えるのでポイントが貯まりやすいです。
(プリンターのインクを買うなど)

送金機能や割り勘機能があるので、使用者が増えていけば使いやすさもUPするはずです
キャンペーンの時には20%の還元がありますので
商品によっては、スーパーで買うよりもコンビニで Line pay で買った方がオトクになります。

セキュリティもしっかりしていると思います。
自分で決めた6桁の番号を打たないと使えないし、現れるバーコードの有効時間が5分間なので安心です。
5分経ってバーコードが無効になってしまったら、また6桁の番号を入れて新しいバーコードを取得します

スマホを落としても使われてしまうことはないでしょう。
6桁の番号を知られていなければ、です。

・paypay ・・・ これからに期待。スマホのPlaystore(APPストア)でアプリをダウンロードします

セキュリティ面ではもう少し頑張ってほしい。paypayをやっていない人のクレジットカードのセキュリティコードまでもが解読され、勝手に使われるという被害があります

20%還元キャンペーンで世の中が大騒ぎとなりました(2018年12月、主に都心部で「paypay狂騒曲」などと言われた)
私もキャンペーンに乗ってだいぶトクしました(パソコンを買って2万円以上得しました)


・デビッド決済・・・カード式。使用と同時に銀行口座から引き落とされる「同時決済」です

銀行のキャッシュカードを持っているならば、窓口で「デビッド機能をつけたい」といえばOK。
何日かすると自宅にデビッド機能つきのキャッシュカードが届きます。
Visaカード、あるいはJCBカードが使えるお店なら使えます(カードによってどちらか)

・Quickペイ ・・・スマホ決済

支払い方法を指定しておきます。
お店やタクシーで「クイックペイで」と言えばOK。お支払い方法はさまざまですが、私はLineペイを指定しています。そうすることで、Lineペイが使える店舗がグッと広がります。
ポイントが貯まります
セキュリティには不安もありますが、紛失・盗難にあった際には保証はあるようです
スマホのPlaystore(APPストア)でアプリをダウンロードします。





交通系カード(Suica、PASMOほか)・デビッド決済 ではカード状のものを使用します
〇〇pay ではスマホを使います。アプリをインストールする場合もあります。(paypay Quickペイ)


上記は、あらかじめプリペイドしておく前払い形式のものです
デビッド決済は「同時決済」です。

シニアにはこの「前払い形式」「同時決済形式」が合うのです。


個人的に、デビッド決済は三井住友銀行のものをお勧めします。
年会費が無料です
有料の銀行もあるようです

現金をATMでおろすと手数料がかかりますが、この機能を使えば
日曜だろうが祝日だろうが
手数料がかかることなく口座からお店にお支払いができます。」



上記以外にもたくさんのキャッシュ決済方法、スマホ決済方法があります。
自分に合うものを選んでひとつくらいは何かを始めるのもいいと思います。

キャッシュレス決済がいい、悪いということではなく、現実に主流になってくると思います。







あけおめでございます

ちょっと昔

1月1日になったと同時に「あけおめ」メールが行き交い
回線がパンクしちゃって遅くなってから届いた、というようなことがありました

昨今では回線の増強という企業努力により
著しく「あけおめ」が遅延するということもほぼないようです


10年ひと昔 なんて過去のもの
ひと昔前 って2か月くらいでしょうか
2か月ひと昔


(;^ω^)




みなさま あけました


おめでとうございます





今年は穏やかに 穏やかに 災害もなく 穏やかに  
だといいです

お役に立ちました

私は、とあるNPO法人に所属しています。
「一人暮らしになっても困らないよう、高齢者にインターネットを普及させて行こう」

という趣旨のNPO法人です


なので、わからない人にスマホの使い方を伝えたり、パソコンの使い方を伝えたりするのが私のライフワークです。


ご近所の70代の女性 K さんから電話をいただきました

時々、Lineの使い方をお伝えしている女性です


「Amazonで買いたいものがあるのですけど、どうしたらいいのかわかりません」


まだお買い物はしたことないもんねぇ
なにが欲しいんですか?


Kさん:ティッシュケースなんです












画像




あ はい
大ファンなんですね、はいはい

お電話で会員に登録するのは難しいので、とりあえず私がお買い物を代行しました



品物は次の日に届いたようです


選手ご愛用のティッシュケースと同じものが手に入り、大喜びなごようす
私がカードで支払ったのですが、その分の代金もいただきました


高齢者にネットは必要だ、と実感した瞬間でした

だって、この商品はその辺りのお店には売られていない

これをきっかけに K さんはさらにネットでのお買い物に興味をお持ちになるでしょう
この次は会員登録をやってみましょう


ただね、高齢者はカード支払いに抵抗があるのですが
Amazonはクレジットカードでのお支払いが便利なんです

本当は、コンビニで前払いしたいんですよね



Yodobashiドットコムでお買い物をすればいいですね、本当は
そこなら送料無料だし、コンビニ支払いができるのです

でーもー




プーさんのティッシュケースは売ってません




なかなか難しいよね





















家電屋さんは商品知識をっ

プリンターを見に行きました

見に行っただけ


でも見てると店員さんが話しかけてきます

「プリンターの買い替えですか?」
若い女の子でした

近所にあるこの量販店には何度も足を運んでいますが

店員さんとの会話で満足したことがありません


お友達のスマホを買いに行った時などは(この時は買いに行ったのに)
二人で頭にきて帰ってきてしまったくらいです

わからないなら調べてくれればいいのに、笑ってごまかすとはひどい 

せめて誠意くらいは感じたかった


なので この女の子もどうせ店員としての商品知識は薄っぺらいよねー と思って聞いていました


すると

なんかすごい

人物に魅力がある

私はB社のプリンターを買うつもりであること
「〇〇で△な使い方をしたい」ことを伝えました

すると女の子は「それなら」と C社のプリンターをすすめてきました

しかも理由がしっかりしていて、私が使いたい用途に合ったものを
これこれこういうワケでオススメします、とハッキリ バッチリ 言ってくれました

やるなぁ
そうなんだぁ。
黒のインクがねー へぇぇぇぇ

店員の女の子: お客様にはこちらか、この機種なんかいいと思います

うん、そうだねぇ
アナタから買うわぁ

この量販店の店員さんに満足したのは初めてだよぉ



用紙の話


用紙の話だよ


用紙の話なんだよー


店員の女の子: イ ン ジ ェ ク ト の場合ですと・・・












いんじぇくと じゃないでしょう




イ ン ク ジ ェ ッ ト 

だよー そこはー

インジェクト  っていうのは よくある間違いだよ

基本中の基本だよー
小冊子印刷についてもよくわからなかったなぁ。

もうちょっと家で調べてからにするよ。

残念でしたー






認知症の夫婦の会話が笑える

父 93歳

母 84歳



二人とも認知症です

父は軽度で「なんだか自分はおかしい」と感じるようになった 程度

母はどっぷり認知症で5分前のことも忘れてしまう。人間関係は理解している




健診で体はどこも悪くないと診断された父

自信にみなぎっています

父 : これなら100まで生きるかなー  二人とも100歳まで行くかもな

母 : どっちが先に消える(死んでしまう)んだろうねー




なんと


ここで





じゃん けん ポン!






父 母 : はははははは !!!!!!!!!





負けた父が先に消えるそうです






はははははは