夏休みだから映画の感想など

だんなさんと Godzilla にいきました
今年はゴジラ生誕60年だそうです
Godzillaはアメリカが作った作品です


生誕60年でも日本ではゴジラの映画を作れないよね
どうしても放射能を扱わざるを得ないもの




ゴジラは核実験による突然変異で生まれました





感想


画像




あれ?


これはコモドオオトカゲだよ





画像



今日のゴジラ





画像



違う違う これはコモドオオトカゲ




(笑)





ゴジラは悲哀に満ちた生き物なのです
人間が核実験なんかするから生まれちゃったんだもの


なのに 今日の米制作の映画では
核実験はゴジラを倒すために行われたのか!とかってことになってました
正当化しないでいただきたい

あと、怪獣たちをやっつける方法として
ヒロシマやナガサキに落ちたものとは比べものにならない威力の原子爆弾が使われました
しかもサンフランシスコのちょっと沖で爆発させて陸地のみんな無傷でした

なんかがっかりだー
そんな程度の認識なのね、キミら




この記事へのコメント

たた実
2014年08月15日 02:03
もうキミらはゴジラの映画は作らない方がいい。
日本人も作れないから、封印したらいいんじゃないの?
アメリカのゴジラ、カッコいい!って思って行ったらコモドオオトカ・・・(自粛)
あめめ
2014年08月15日 22:29
ああ…いやらしーねぇ、そういう肝心なメッセージを取っちゃうって。なんでもそうだけれど、作った人の思いをあまり変えてしまうと意味がなくなっちゃうと思うのだけれど。
たた美
2014年08月17日 01:07
全くね。
水爆実験への気持ちが込められていると思うんだけど。
また2018年にやるらしいですよぉ。
米版。儲かるのかしらね。

この記事へのトラックバック