テーマ:P介歌修行

お得ー

http://www.fujisan.co.jp/Product/1281683685/ ドミンゴのカルメンが990円よー 創刊号なのね。 本屋に行くとあるよ。 いろんなのがあるんだよねこれ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

覚書 発表会のMC ほか

月曜日に、とあるピアノの発表会で コーラスの発表をさせてもらったのだけど失敗した。 曲の紹介を私がすることになっていた。 これで失敗。 2曲はうまくいった。 3曲目の『手紙』について紹介した話で、コーラスのメンバーが泣けちゃったらしい。 これから歌うって時に仲間を泣かせてしまった。 自滅。 そんな泣け…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オペラ観た

カラフ王子のナゾナゾ大冒険~~~  いい舞台だった。 演出が狂言師のカタというのもよかったのかなぁ。 舞台装置には漢字も使われており「日本人でよかった。日本人だからこの感動がある」な舞台だった。 http://www.geigeki.jp/saiji_050.html 隣に座っていた60代後半と思われる男性がす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルメン観た

http://www.nikikai.net/lineup/carmen/index.html メゾさんがすっごくよかった。 魅力全開。 今日は丑の日だったらしい。 うなぎを食べる日だよ。 でもP介と牛丼食べてしまった。 牛の日にしちゃった(笑)
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

私は寝てはならぬ

眠い。 もう眠い。 今日P介とこんなの行くのに。 http://www.tpo.or.jp/japanese/concert/images/0906.jpg 高校生がいるおかげで安く行け・・・zz
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

演奏会覚書

6月2日 ナマ見たー♪ というか聞きにいった。 本当は二人で歌っていて、ソプラノの のコンサートなんだと思うけど 私とP介にとってはバリトンののコンサートなのであった。 ( ̄ー ̄)ふふっ・・・ ナマで見たぞぉ あのニヤって笑うやつを。 ホールに轟きわたるナマ声は深く、分厚く、すごい勢いでギ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

連休 その3 いまごろ

5月3日に少年の合唱を聞きに行った。 彼らはウイーンからやってきている。 いくつかグループがあるらしい。 去年も演奏会を聞いたけど、去年の子たちは子供ちっくだった。 間違えると「あ しまった」 という顔をしたし、他の子が「あいつ間違えたー」みたいな顔もしていた。 プロだけど、まだまだ子供ねえ と思った…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自由だなキミら

金曜日に、P介の高校の授業参観に行きました。 薄々そうじゃないかと思ってたけど、お子らはとても自由でございました。 わりと真面目だしおとなしいんだけどね。 発想が自由ね。 ~授業風景より~ 先生「『影響』を英語で言うとなんですか?influence ですね。では、最近はやっているのは?」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お急ぎ便は本当に速い

すごい。 P介が学校指定の本を買いたかった。 火曜日に学校に持っていけるように買いたかった。 どこにでも売っている本ではない。 大きな楽器屋さんの書籍コーナーにありそうな本。 でもすっかり忘れていた。 大変。もう日曜日。 しかも夕方。 今から行っても大きな楽器屋さんはもう閉まっちゃう。 しょうがないなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

P介初めてのレッスンの授業

P介は高校で週に一時間、個人レッスンを受けることができます。 先生は「基本からやります」とおっしゃっていました。 そしていよいよ今日は初めてのレッスン日。 服装自由ですが、今日はYシャツとネクタイで行きました。 先生に一人で教わりますからね。 そしてP介が今日最初に先生から教わっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いい っておいっ!

P介の高校には能力別の授業がある。 クラス分けのテストが行われ、それによってクラスが決まるらしい。 クラスは5つ。 私とP介の予想 P介はきっと一番ダメな子クラス 聴音は入試のために特訓したけど、それでも半年も練習してないし。 小さい頃からピアノをやってる子にかなうはずがない。 五線譜に書くなんてことはやってこな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

入学式では校長先生をはじめとして いろいろな方からお言葉をいただくわけですが 「壁」という言葉がよく出てきました。 「真面目にとりくめば取り組むほど壁にぶつかり・・・」 「必ず壁が前に立ちはだかり・・・」 「壁を乗り越えなければならない・・・」 など。 そんなに壁があちこちから生えてくるのか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

じょばんにさんを観てきた

P介と、オペラに行ったので記録しておこっと。 舞台の上の奥の方にオーケストラものっていた。 舞台の前とか横とかのあいてるところで歌手が演技するわけだね。 おもしろーい。 二階のはけ口(って言うのかな。役者さんの出入り口)と舞台がスロープでつながれていて その上でも歌うし 「隠れよう」のシーンではジョバ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

先生からのお言葉

卒業の日 あれこれと面倒を見てくださった音楽のせんせいにご挨拶をしたら お言葉をいただいた。 先生「これからが大変だと思いますけど      お金はおしまずに使ってください」 ありがとうございましたー (T T) 使わないと後悔することがあるそうな。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんでもしますねⅡ

12月5日はモーツァルトの命日らしい。 この日に必ずレクイエムを演奏する方がいて 今日初めて聴きに行きました。 大聖堂に響き渡る楽器と歌。 荘厳で清らかで甘く響くモーツァルト。 すんごいよかった。 なるべく当時を再現しよう、ということもあり 古楽器などを使っていらっしゃるようです。 歌唱法もあるようですね。 お…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

こんな連休でしたよ 覚書

まず、金曜日。 イチョウの木を見上げた。 東京の紅葉もなかなかじゃん、と思った。 次になんかすごいドリルを見た。 次にすごい数の和太鼓さんたちを見た。 地響きがしていた。 次に、土曜日。 自分が所属するコーラスグループの発表があった。 写真なし。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ほっせ ほっせ

今年もホセ・カレーラスのリサイタルに行ってきた。 P介と行って来た。 あーすごかった。 オンブラマイフで一曲目から泣かせる歌手はなかなかいない。 オーケストラをバックに負けてないっていうか勝ってた。 来年も行こっと。 50周年ということで、豪華でしたね。 ピアノだけで十分ですよ、来年は。オーケストラいな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年を振り返った

HPの更新には時間がかかるので ひとつやっておきました。 P介の下半期を振り返っておきました。 http://www5d.biglobe.ne.jp/~tatami3/ あとはだんなさんの入院かな。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

朝から晩まで

ホロ様のCDが届いたので聞きまくり。 幸せだ。 ツヤっぽい声は、太くて繊細でワイルドで甘くてしたたかだ。 そもそも40も半ば過ぎたオヤジが歌いながらニヤっと笑ったら 普通は「きもーい」って思われちゃうんだよ。 なのにホロ様は「すてきーーーー」って言われちゃうからすごい。 CDだから見えないけど、でもすごい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

丁寧らしい

近所のお友達にP介をお願いすることにした。 受験対策。 普通のおうちで音楽教室をしているので 生徒さん方はみなさん 「ピンポーン♪」 とならしてから中に入ることになっているらしい。 今日たまたまそのお友達(P介の先生)に電話した。 友達(先生)「P介くん、丁寧でさぁ。こっちがうろたえちゃうのよ」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

細い

やせているP介を、歌の先生方はいろいろな表現で表してくださってきた。 「P介くんはやせてる」 「細い」 「きゃしゃな体」 「ひょろひょろ」 「ひょろひょろ過ぎる」 何を言われてもメゲないので、先生方は言いやすいらしい。 親がいようがいまいが 思いつくままおっしゃる。 そして、今日つ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

P介ピアノで勘違い

中三になって初めてピアノを弾くことになったP介。 鍵盤の手前ばかりを弾いていたらしい。 「奥を弾いても手前を弾いても同じよ」と教えてくださった先生、ありがとう。 よくぞ見抜いてくださいました。 ただ「真ん中を弾きなさい」って言っただけだったらP介にはわからなかったよ。 手前を弾いた方が力を使わなくてすむ、と思ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

13年よく続いた 覚書

火曜日は13年続いたP介のエレクトーン生活の最後の発表会だった。 2歳から、あって当たり前だったレッスンがなくなることになる。 よく続いた。 厳しい女性の先生だった。 5年生の時に「も お  や め るーーーーー」と言いながら机をダンダンたたいていた というじいちゃんの証言もある。 来週やめる、とか今日やめる、と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

・・・・だけじゃん

最近の流行語大賞 ・・・・だけじゃん すごいオーラを放つP介の歌の先生(40代男性)のお言葉より。 先生「勉強は大丈夫なの?内申とか足りてる?」 P介「え あの え(しどろもどろ)」 先生の優しい奥様による助け舟「苦手な教科はなあに?」 P介「え  っと しゃ・・社会です」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

聞き逃さなかった

P介のレッスンについてあちこちに行く日々。 たまにはネタが落ちている。 急行○×行きに乗っていたら、アナウンスが聞こえてきたよ♪ アナウンス「各駅停車・・・  じゃなかった 急行○×行きです」 私は聞き逃さないっ。 ヒマだから。 
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

P介予選通過

ほとんどみんな通過できるらしい。 けど通過。 次の大会を通過するのは無理だけど参加することに意義を求めよう。 あとひとがんばり いい経験をしようじゃありませんか。 中学の部に出場していた三年生はP介だけ。 おそらく普通三年生はこんなコンクールに出ている場合ではないんだねー ははは・・・ ま、いいや。 勢いだP…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

P介、生まれて初めて酸欠を味わう

歌のレッスンを受けていた。 P介の様子がおかしい。 なんか挙動不審。 声がちゃんと出ない。 顔が青い。 「ゴフ」とか言って、ついにフラフラとピアノにもたれかかったP介。 「気分が悪いです」 酸欠らしい。 生まれて初めての「気分が悪い体験」だぁ。 たぶん本人はビックリ。 でも先生はひるまなかった…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

P介幸せなへろへろ 覚書

歌の先生の、そのまた先生のレッスンを受けさせていただくという光栄な機会に恵まれた。 すごい。 こういう素晴らしいカタをも後期高齢者とかっていう名でひとくくりにするのは絶対にいけない。 10代の子よりエネルギッシュ! シャキっとしてパリッとしてズバズバっとしていらっしゃる。 そして厳しいことをおっしゃった後の笑顔がも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

怒涛の鑑賞週間 その2

日曜日の午後はこれ。 http://www.nissaytheatre.or.jp/fam/paf/sapuri/index.html P介が中学生でいてくれるおかげで、歌舞伎だの舞台だの ホンモノをとても安く見ることができる。 しめしめ。 私が「才能に手足」と呼ぶバリトン歌手の方が構成する、子供向けミュー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

歌は難しい

P介が、とあるコンクールに出場することになりました。 で、先生について声楽を習い始めました。 なんか勢いで。 そんなつもりもなかったんだけど。 私もついて行きます。 今日のレッスン。 「口とアゴはアホにする」 わはは!! 力を抜くっていうのは難しいみたい。 できないけどね、なかなかね。 3の倍…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more