ネタは講師にあった

パソコン教室で 初心者の生徒さんによるネタの嵐を期待していました たた美です

現在、講師の見習いで
先生の補助みたいなことをやっています

講師の先生は 前で生徒さんがたにパソコンの使用法について説明します
私と数名は教室内をウロウロして生徒さんたちの疑問にその場でお答えします

「コピーってどうやるんでしたっけ」「どこをクリックするんですか」
などの疑問にその場で個々に答るわけです



母にパソコンを教えた時に 受信トレイのことを
受信トイレだと思っていました

そういうネタを期待していたのですが
案外ネタはありません


生徒さんがた(中高年)は妙なことをやることはやるんだけど
みなさん一所懸命。
だから ネタにしたらバチが当たります




今日はフリーのメールアドレスをとってみる、というお勉強でした

自分のアカウント(@の前の部分)をどうしよう
パスワードはどうしよう

懸命に考えます
決めます

せっかく決まっても すでに使われているアカウントだと
使用できないからやりなおし


講師の先生:数字を3ケタか4ケタ後ろにつけると使える事が多いですよ



あー なるほどね

t a t a m i @・・・よりも
t a t a m i 1 0 0 6 @・・・の方が使われている確率が少ないということね
   ↑
  例えば今日の日付


うんうん




講師の先生:なので、決めた文字の後ろに 3366をつけます








例えば t a t a m i 3 3 6 6@・・・   ということ?

なんで3366?




講師の先生:3366はわかりやすいです











なんで?






講師の先生:3366は友人の電話番号なんです















知らんわいっ!


(笑)

"ネタは講師にあった" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント