インビザライン(マウスピース矯正)9 どうする?矯正治療する?

どうしますか?
矯正治療します?

「しません」と言えばすむことです
お金がかかります
100万くらいかかります
努力も必要です
矯正には 多少の違和感があるのです



だけど

頑張って矯正すれば その先の一生 口腔内は安定していると言えるでしょう

定期的に歯科医に通い、歯の衛生を保ってもらえば最強なのかと



でも



歯がガチャガチャなのが魅力になる人もいるんです


じゅりー.jpg



この方の この歯は 間違いなく魅力的でした




じゅりー2.jpg


高齢になっても矯正したあとがない


この方の魅力 と言えます



なので 矯正することが正しいことなのか それはわからないです
「自分には必要だ」という信念があれば、矯正をした方がいいです

なるべく早く矯正を初めた方がいいです
高齢になってからの治療に影響してきます


数か月に一度は歯科医に通院しましょう!












インビザライン(マウスピース矯正)8 一生がんばれ

インビザライン(マウスピース矯正)は

以前 矯正したけど なんだか戻ってしまった
そんな方にも最適かと思います。

歯に金属をはめて矯正していた方々にとって、インビザライン(マウスピース矯正)はたぶん夢のよう なんだと思うのです
 
装着していても周囲に気づかれない
好きな時に取り外せる
取り外して マウスピースも自分の歯も きれいにお掃除できる
金属アレルギーの人も安心して装着できる
完全オーダーメイドなので、なんだか愛着がわく ←人によるか これはw


矯正が終わったけど戻ってしまった


だと?



そうなんだよ
歯並びは移動するんだよ

隙間があれば、そこを埋めようとして歯が移動するんだよ


約30年前

親知らずを抜いた

そのあとを補おうとした私の下の歯は
結果ガチャガチャになりました
歯が倒れました


生きているんだねぇ・・・



「一生続けましょう」



歯科衛生士さんのお言葉です

院長先生「今日で矯正の治療は終了です。
      でも、歯の周りの組織などがちゃんと固定されるまで
       歯は移動してしまいます
        それを防ぐためにも 保定装置を
         つける必要があります」


まだまだ続きます。
歯科衛生士さんによれば一生かかります

矯正器具を装着しなくてもよくはなるけど、寝る時には保定装置をつける必要があるそうです

歯はね 一生モノ なんだ


どうする?矯正治療する? につづく



インビザライン(マウスピース矯正)7 マウスピースをなくしてしまったら

若い方だと
あると思うんです

「インビザラインをはずしたい時」


恋人とのディナー お友達や先輩 大切な人とのひと時


口の中に矯正装置が入っていたら興ざめ 
そんなひと時

自由にはずすことができます、インビザラインなら

歯に金具が装着されていたらガッカリなひとときでも
インビザライン(マウスピース矯正)なら大丈夫


そっと洗面所に行って外しましょう、インビザラインを
(歯の外側には突起があります。それは自分ではとれませんが)


これで歯には何も装着されていない状態になります





外したインビザライン、どうする?


容器に保存しましょう




治療を始めた時に歯科衛生士さんからいただきました
丸くてかわいらしい入れ物を


インビザライン.jpg



インビザライン2.jpg


取り外したインビザライン(上下)は、必ずこの入れ物に保管します


左に見える緑色のものは「チューイー」と呼ばれるもので
インビザラインを装着した際、噛んでしっかりと歯に馴染ませ 固定させるものです

スターウォーズのチューバッカ(チューイ)ではないのだ



でも なくしてしまったら?

自分の歯にピッタリ合っているインビザラインをなくしてしまったら?



ひとつ前のインビザラインを装着します
(一週間前に装着していたインビザライン)


なので、ひとつ前のインビザラインは とても重要


歯科衛生士さん
「一番最初に装着したインビザラインは記念にとっておく人が多いです。あと ひとつ前のインビザラインは絶対にとっておいてくださいね」



はーい


繰り返しますが、なるべく装着時間を長くすることが短期間で終わらせるミソです




一生がんばれ に続く



インビザライン(マウスピース矯正)6 使用上のご注意

マウスピースを25個受け取りました


1週間過ぎるごとに 自分で新しいマウスピースに交換します


なので25週かかりました(私の場合)

気になった注意点をお伝えします


1 取り外す時には 内側から




歯の外側には ところどころで突起物が施されます
外側の歯に ところどころ突起物が付けられるのです


その突起物は大切なものらしく 「なくなっているって思ったらすぐに連絡をください」
というほどのものでした

この突起物は 
マウスピースを動くことなく装着するための突起と思われました



なので 着脱は内側から! (外側の突起に影響のないように)

無理やりに引っ張ったりしてはいけません

はずす時には全体を意識し 右も左も 平等に外します
当事者になればわかります









2 着色に注意




カレーライスを食べてはいけません


インビザラインを装着したままカレーライスを食べると


インビザラインが黄色く濁ります



色素が インビザラインに そのまま移ってしまいます


インビザラインを始めた時に小冊子をいただくのですが
その小冊子には 
「飲食時にはアライナーは取り外してください」
とあります

つまり 飲食をするときにはインビザライン(マウスピース)は外しましょう 
ということですね




でも歯科医では「なるべく食事の時にも インビザラインは外さずに食べてください」
と言われました


一日24時間
そのうちの20~22時間は装着していてください

そんなことが書いてあります

23時間以上
装着していることをオススメします


歯磨き、歯間ブラシをする時間
それ以外は装着したまま 生活します



長時間の装着で

結局 治療がうまく行くのです


装着時間が長ければ長いほど短時間で矯正治療が終了する



それがインビザライン(マウスピース治療法)だと思います




3 つける時は痛くないように



つける時

上の歯と 下の歯に それぞれ装着します

この時の注意として


ほっぺ



があげられます

ほっぺ が巻き込まれると、すごく痛い

ほっぺを巻き込まないよう、インビザライン(マウスピース)を装着する時には
それなりに指を使います

まず前歯にインビザラインを入れたら、指で口の中を広くあけます



それからインビザラインを奥まで装着しましょう


インビザラインに ほっぺたを巻き込まないための工夫です


インビザライン(マウスピース)を無くしてしまったら?  に続く



















インビザライン(マウスピース矯正)5 具体的な使用感

まずね

食べるものがおいしくない



これは7ヶ月経った今でもそう


何もかも 最初の一口目はおいしくない


おいしく感じるってどういうことなのか
すごく考えました


まず、視覚

見た目

これは暗闇レストランで学びました。目で見ることがどれだけ大切なのか。
視覚で8割っていうことですよね。

歯の矯正をしていても目は見えますから、ここはクリアです

そのお料理を見て「おいしそう」と思うのは大切なことなのです



でもね

でもでも

最初に噛んだ時、自分では噛んでいない という印象になります

噛んだ時に ニオイや感触が 全く 感じられない


全く だよ
例えばトウモロコシを茹でて、前歯でかじってもおいしくないわけ。
食通の人には耐えられないかも


最初に噛んだ時の感動が 全くない




矯正装置をつけていても 
最初に噛んだ時に
食感、香りを人は感じたいのにできない


今回身に染みて感じたことです

口の中で少しかみ砕けば、鼻がニオイを感じ取ります
だから「あ おいしい」などと感じます

つまりは「おいしい」と感じるまでに少々時間を有する ということです



どうしても、クリスピーな食べ物とは疎遠になりました
煮物とか 柔らかいもの とかをおいしいと感じるようになりました



例えばフライドポテトを食べたとしましょう
一口目は「別においしくない」んです
ただ噛んでる

少しして鼻に感じ取れるようになると「あ フライドポテトの香り。おいしい」と思うようになるわけです

香り、大事です



だけど一生モノの歯並びをゲットできるんだよ

ものがおいしくない なんて小さいことだよ


人生80年、90年だよ

そのうちの数か月~数年よ

耐えよう

耐えよう、みんな


夢のような矯正だと思っているかた

食べてもしばらくは おいしいと感じられません
飲み物はおいしいけど、決して夢の治療法ではありません

そのことを意識して治療にあたってください
我慢して治療にのぞめば、素晴らしい世界が待っているのだと私は言いたい

























インビザライン(マウスピース矯正)4 装着してみての感想

上下の歯に、それぞれの透明なマウスピースを装着する矯正・・・

インビザラインは、従来の金属を歯につける矯正治療よりも

恐らくは ずっと快適 なのではないでしょうか



自分で着脱できるわけです


いちいち歯科医に行って・・・ということがない


透明なので 誰にも気づかれません


金属を使う治療に比べたら、たぶん痛みがかなり抑えられる



これだけでもかなり良い!

それで自分の生涯の歯並びが約束されるのです。
歯や歯茎が病気になったとしても
矯正をする前よりは ずっと治療がしやすくなる というお話しもありました

奥まで歯ブラシや歯間ブラシが届くようになるので
病気の予防にも役立つはずです




でもでも

夢のような矯正生活を思い描いていると 


そうでもない かも





人によって違うと思います

例えば 前歯の歯並びを直したい 美容の意味が強いかたにとっては
たぶん夢のような治療です


ほんとーーーに  美しい歯並びになります


誰にも気づかれることなく、ただしく美しい歯並びを得ることができる

夢のよう



では

奥歯を矯正したい場合 どうだろう・・・




1か月後

歯科医に経過を診ていただくために通院しました
週に一度、新しいマウスピースに進行するので
3つめのマウスピースをつけて行きました




歯科衛生士さん「どうですか? 思った通りでしたか?」



たた美「違和感はあるんだろうなって思っていましたが、やっぱりそうでした。
     自分の歯ではない何かが口の中にある という感じです
      違和感はあるんだろうな って思っていたので その通りでした」


「そうでしたか」と歯科衛生士さんは笑いました。

笑顔がステキな、若くて小柄できゃしゃな かわいらしい歯科衛生士さんです

まぁまぁうまく行っているんだな と思いました


あまり夢のような矯正治療を思い描くことなく 
治療にのぞむ
 ことをオススメします

まぁ十分夢のような矯正なのかもしれないけども




具体的な使用感 に続きます

インビザライン(マウスピース矯正)3 費用

人によって異なるでしょう

矯正治療の費用について です

インビザラインでも金属を使った矯正と変わらないということのようです。
どうなのかな

私は治療に25週間かかりました

25週で 1001000円 (税込)でした

消費税が10%になっちゃった後でさ

2019年の10月から始めたんだけど、ちょーうど消費税が10%になっちゃった月で・・・

税金が高かった
月に15万プラス税金 っていう感じかな

ただし これは矯正装置だけの話
上と下に ほぼ透明のマウスピースをつけるのですが、これが 月に15万ほど
週に一回新しいものに交換します

それは自分でできるので歯科医にそのたびに通う必要はありません
通院は月に1度か2度

保険はききません
通院のたびに5500円かかりました

私の場合、半年で7回でした
都度5500円かかりました

つまり38500円(7回)+1001000円でした

その後は保険がきく治療になりました(虫歯の治療)


父が亡くなって 遺産がちょっともらえたので できたのかな、これは

お父さんありがとう
特別形見の品など ほぼないけど、私の綺麗になった歯 が形見です

きちんと維持していけば一生モノの財産です
感謝しかない

ありがとうありがとうありがとうありがとう

貯金を崩しても、インビザラインをする価値はある
私はそう思います

100万~200万 じゃないのかな



使用感に続く

インビザライン(マウスピース矯正)2美容のためだけじゃない

その信頼できる歯科医院を初めて訪れたのは2011年。

その時には 歯茎がブヨブヨで 
歯磨きすると血が出るようになっていました。
自分でも口臭が気になりました。
あとからわかったのは、歯垢がびっしりと帯状でついていたのです

なんだか臭い
さらに マスクをするとすごく匂う・・・


友人にすすめられて歯科医を訪れました。
「すごくいいから絶対行って!」

はい

予防歯科。
ほんとによかった。

初めて行った時、矯正をススメられていたことを覚えています。

歯科衛生士さん「たた美さん 矯正しませんか?

しません ← 即答


だって、当時はすでに50代

これから嫁に行くわけじゃないしさ
そんなの必要ないじゃん
結構お金もかかるんだろうし。


毎日毎日、歯磨きで鏡の前に立つので
自分の歯を見ていたわけですが
下の前歯2本が ちょっとガチャガチャしている程度

いいじゃん
個性じゃん そのくらい


矯正なんてしなくていいよ



予防歯科には3か月~6か月に一回通いました

行くと歯の細かいお掃除をしてもらえるので
口臭がなくなるし、口腔内衛生ってすごく大事だと思うし

奥歯の届かないところをお掃除してもらえるし

必要でした


奥歯の届かないところ・・・


歯科衛生士さん「たた美さん、口が小さいから奥まで歯ブラシや歯間ブラシが届かないですよね」


なので数か月に一回は通ってお掃除しなくては ということでした
自分で届かないところが 確かにあるのはわかっていました

今になってわかるのは、歯のアーチが狭かったのです


狭い.jpg
狭い・・・


一般的な歯並びはこう

広い.jpg

口が大きい人はいいけど
私は口が小さいので奥まで歯ブラシが届きませんでした

そういう奥歯専門の歯ブラシを使っても 届きませんでした


でも それは「矯正しなくては」という決定的な理由ではありませんでした
定期的に通ってお掃除してもらえば済む話だったのです


しかーし!


虫歯が見つかり、自分の歯のレントゲンを見ました

それが決定的な理由
となりました


奥歯が倒れているっ!

奥歯がガチャガチャ!!!




30年くらい前に親知らずを抜いたのですが
その影響でその前後にある歯が移動し ガチャガチャになっていました



えっ・・・ 
(絶句)



倒れ.jpg


水色の歯が内側に倒れているではないの


歯科衛生士さん「このまま噛み続けると さらに内側に倒れてしまうことが予想されます」


緑色の歯も 変わってくるだろうから
何かあった時の治療が大変になる




ということでした




矯正したいです
矯正考えます


鏡にうつる歯 しか見ていませんでした
奥歯のことは わからなかった。

でもこの奥歯ヤバい!




高齢化で 自分は何歳まで生きるかわからない・・・



歯にはお金を使わなくては!




自然とそんな気持ちになり
インビザライン(マウスピース矯正)を始めることにしました


一人の歯科衛生士さんが「私も今インビザラインで矯正治療中なんですよ」と言って歯を見せてくれました


えっ

わからない

矯正中なの?

ぜーんぜんわからない

「気づかれたこと、ないです」

おーーーー

やりますやります




上の歯全部 と 下の歯全部
上と下 2つのマウスピースをはめて行うのがインビザラインです



費用や使用感について 続きます










インビザライン(マウスピース矯正)1

本日

歯列矯正が終了しました 💕⤴✨


やっっっっった!!!!!

8か月間がんばった!
半年という話だったけど、コロナのせいでちょっと延びました。

でもアっという間だったよ




ガチャガチャだった歯は スッキリと良くなりました。

従来のものではありません。
インビザラインという、透明のマウスピースを使用して治療をしていくものです


インビザライン2.jpg



インビザライン.jpg




誰にも気づかれたことがない治療法です。


ワイヤーをすることなく、ほぼ透明なマウスピースを歯にかぶせます。

大口あけてゲラゲラ笑っても誰も気が付きません。

歯科衛生士をしている友達には打ち明けました。

「見せてー」って言われて見せたけど「ぜーんぜんわからない」ということでした。
それほど自然です。

本日で治療終了。

奥まで歯ブラシが届くようになった!
歯間ブラシもすんなり使えるようになった!
やった!


院長先生はおっしゃいました

「矯正は 見た目を綺麗にするだけじゃないのよ。歯磨きがしやすくなるので しっかりと磨くことができる。病気が防げる。
 矯正して正しい歯並びになることで、隠れていた虫歯を見つけることができる。口腔内の衛生が保てるの。
 よくがんばりましたね」
  
院長先生の優しい目!
マスクをしていてもわかる、その笑顔!

( ノД`) 涙ダーーーーーー  おかげさまです。ほんとにほんとに。


矯正治療と自分は関係ないと思っていました。
だって59歳だったんだから。
子供がやるものだと思っていたよ。
矯正

でも 59歳でも矯正治療を始めてよかった!


だって70歳まで生きるとしても、あと10年ある
80歳まで生きるとしたら あと20年ある
90歳まで生きるとしたら あと30年あるんだから!

お掃除も治療も しやすい方がいいに決まってる!


実際には まだまだ治療は続くようです。
矯正前の歯並びに戻ることがないように、治った歯並びを保つための努力です

矯正したことで見つかった虫歯の治療をして、その上でリターナーというものを作るそうです


でも 矯正治療が終わった扱いになるので 今日から「保険適応」になりました。
費用が半分ほどに・・・


お金の話も インビザライン(マウスピース矯正)がどんなものなのかも
忘れないようにブログに書いておきます

つづく