インビザライン(マウスピース矯正)6 使用上のご注意

マウスピースを25個受け取りました


1週間過ぎるごとに 自分で新しいマウスピースに交換します


なので25週かかりました(私の場合)

気になった注意点をお伝えします


1 取り外す時には 内側から




歯の外側には ところどころで突起物が施されます
外側の歯に ところどころ突起物が付けられるのです


その突起物は大切なものらしく 「なくなっているって思ったらすぐに連絡をください」
というほどのものでした

この突起物は 
マウスピースを動くことなく装着するための突起と思われました



なので 着脱は内側から! (外側の突起に影響のないように)

無理やりに引っ張ったりしてはいけません

はずす時には全体を意識し 右も左も 平等に外します
当事者になればわかります









2 着色に注意




カレーライスを食べてはいけません


インビザラインを装着したままカレーライスを食べると


インビザラインが黄色く濁ります



色素が インビザラインに そのまま移ってしまいます


インビザラインを始めた時に小冊子をいただくのですが
その小冊子には 
「飲食時にはアライナーは取り外してください」
とあります

つまり 飲食をするときにはインビザライン(マウスピース)は外しましょう 
ということですね




でも歯科医では「なるべく食事の時にも インビザラインは外さずに食べてください」
と言われました


一日24時間
そのうちの20~22時間は装着していてください

そんなことが書いてあります

23時間以上
装着していることをオススメします


歯磨き、歯間ブラシをする時間
それ以外は装着したまま 生活します



長時間の装着で

結局 治療がうまく行くのです


装着時間が長ければ長いほど短時間で矯正治療が終了する



それがインビザライン(マウスピース治療法)だと思います




3 つける時は痛くないように



つける時

上の歯と 下の歯に それぞれ装着します

この時の注意として


ほっぺ



があげられます

ほっぺ が巻き込まれると、すごく痛い

ほっぺを巻き込まないよう、インビザライン(マウスピース)を装着する時には
それなりに指を使います

まず前歯にインビザラインを入れたら、指で口の中を広くあけます



それからインビザラインを奥まで装着しましょう


インビザラインに ほっぺたを巻き込まないための工夫です


インビザライン(マウスピース)を無くしてしまったら?  に続く



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント