やっぱおもしろい沼津港深海水族館

またしても行きました(去年の夏行った)

沼津港深海水族館



近所に「行ってみたい」というお友達がいて、数名で行きました



沼津ではなく 沼津港にこの水族館はあるので沼津駅からバス、またはタクシーで沼津港に行く必要があります

東京からだと高速バスもあるんだけど沼津港までの往復は一日に数本です

ということで、電車を乗り継いで行くことにしました
人数で割ればバスよりも(たぶん)安いし速いので沼津駅からタクシーで行きました
(10分くらい)

東京→ 沼津 →タクシーで10分ほど→沼津港 

というわけです
そこは沼津の漁港なので おいしいものも当然あるわけです





今回の感動ポイント



1 
沼津港まで日帰りできるのか!



2 
メンダコが生きてる!泳いでる!



アメリカカブトガニの手!(脚)~~~~~






1 沼津って遠いからお泊りしないと行けないような気がしていたんだよ

だけど 7時半くらいから活動を始めて夕方には帰ってこられた!

お友達: 今度 三島のうなぎを食べに来るっていうのもできるね


うん、できるね

だいぶ高い鰻になるけどなっ(往復の交通費が2800円くらい)
ICカードを使うから交通費の感覚がないんだな最近(;^ω^)


2 マジかっ!メンダコが生きて泳いでいるではないの!!!


画像


(撮影は禁止です 水族館のHP動画より)

メンダコ~~~~~


剥製で当たり前だと思っていたメンダコ~~~~~



ありがとう、沼津港深海水族館!!!


いつまで生きてるかな、このメンダコ
長期飼育はかなり難しいようです。
エサ食べないんだって。


メンダコ forever ♪

3 医療にもその血液は役立つようです。アメリカカブトガニ。


画像


こんな


もっと大きいのは手(脚)がすごかった
結構グロいので脚だけね


画像




なにこれ


エビなの?
カニだよね


なんか・・・ 握手会開いたらいいんじゃないのかな




(笑)







タクシーの運転手さんは入場料が高いと言っていました(1600円 小さい水族館)

だけど生きてるメンダコが見られるし
シーラカンスの冷凍保存展示が見られる(マイナス20度をキープ)
深海の生き物が見られる

水深1000mを再現する水槽って 維持費がものすごくかかるよねきっと


入場の時にもらうパンフレットを熟読してから展示を見るといいと思うなー
案外すごい水族館なんだここは









画像


沼津港は 穏やかでした




においに敏感なお友達 : この漁港、くさくない!



清掃が行き届いています、沼津港


びゅうお という水門があり、津波をシャットアウトするべく そなえています

展望できる施設で、入場料100円であっちとこっちを往復できます
地上30mだよ




画像

晴れていれば富士山が・・・


画像

穏やかな漁港の外海



結論





このあたりの干物とわさび漬けと小田原のかまぼこはうまい!
たこわさ んまー  (そこ?)


お昼には浜焼きをいただきましたが お魚がうまく焼けずにボロボロになった(;^ω^)
でもおいしかった きっと自分で焼いたからだと思う



わりとお手軽 東京から沼津

この記事へのコメント

あめめ
2015年11月14日 22:56
あら、沼津は全然日帰り圏内よ。東名様様よん。
深海水族館、たた美さんのブログ以外でもテレビでも見たことがあるが、興味津々。面白そうぅぅ。
たた美
2015年11月16日 20:27
東名かーーーーーーーー
ご主人に「沼津に海鮮かき揚げ食べに行くぞ」って言われて急に来たりすることがあるのよ、って言ってたわそういえばお友達が。

簡単に日帰りできるわけね。
「朝からかき揚げ丼食べるんだよー"(-""-)"」って怒ってたけどね(笑)
この水族館は1時間くらいあれば観回れるからちょっと行けるよ。
ただ混んでるから休日はやめた方がいいと思う。

この記事へのトラックバック