無事に手術終わりました

ご心配をいただいたみなさま、ありがとうございました

心電図をとるために胸に貼ってるやつはとっちゃうし、酸素の管は抜いちゃうし、点滴は引っこ抜いちゃうし、5分おきに「もうやめるよ さぁ帰ろう」とか言うし
ほんとにガッカリな患者だと思います。

特に看護師さん、申し訳ありません
でもまだまだ続きますよぉ
まだ手術が終わったところだからね
早く退院してほしいよねきっと (笑)(笑)(笑)

高齢の人、認知症の人が増えているから その苦労たるや すごいものがあるんでしょうね
スタッフの人数には限りがあるんだし
しかも力仕事です

とある看護師さん: 暴れるおじいちゃんもいますから

アナタの母はまだマシだ、となぐさめてくださったのでしょうか
優しいなあ



大変な職場というのはあるのだ
しかも命にかかわる仕事なのだ、と実感せずにはいられません


ひでお 出張先からの昨日のメール: 坊主だな



手術が無事に終わって、母は麻酔で眠っています
私は医師の説明を受けます

ひと通り説明が終わってから質問してみました



先生、母は坊主になってますか?



医師:(頭に巻いてあるものを)取る時に痛いので、前半分剃っています(大真面目)



前半分だけ坊主か!(笑)(笑)
先生、なんで笑わずに言えるのそんなおもしろいこと!


医師:明日の朝、目が覚めたら食事をとります。覚めなかったらそのまま寝ていていただきます。

たた美: 管とか抜いちゃいますから。 寝てる方が平和だと思います 


笑うトコ! にっこり笑うトコだよ先生!!



医師: 高齢の患者さんはみなさんそうです (ニコリともしない)






脳外科の先生、とてもクールだわー











むくむく ← このクールな医師を退院までに笑わせてみたいという感情














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あめめ
2015年05月21日 07:09
先ずは、手術無事に終わってよかった。
今は、お医者さんも表現や態度に凄く慎重だよ。ああいったとかこういう態度だったで問題になるから。看護士さんも、毎日同じ事を注意しなきゃいけなかったり、それこそうちの父のように暴れたり、中には看護士さんに向かって財布を取ったとか言っちゃう患者も居たり、それは大変な思いをしているからなかなかね。
ただ、長い付き合いになってこのご家族は大丈夫と思うと、彼らにとっての”憩いの家族”になるらしい。よくるいちゃんの所に若い医師や看護士さんがホッとしに来ていた。
chacha
2015年05月21日 10:56
なんだかあわただしかったけど、無事終わってなによりでしたね。
困ることいっぱいあるだろうけど、思わず笑わされることもあるよね。
真面目な顔してものすごくおかしいこと言うもんね。(自分の母親の言動を思い出してます)
chachaも無意識に皆を笑わせるようになりたいもんだ。
たた美
2015年05月26日 21:30
> あめめ
おっしゃる通りよ。
先生、患者の家族への警戒心っていうヤツだと思ったよ。患者にはニッコニコだった。
母は認知症なので憩の家族にはなりようがないけど「笑わせてくれる患者。でも手がかかる」になってましたきっと(;^ω^)

> chacha
いやーほんとにね。
おかしいよね。
今日リハビリから車いすを押してもらって病室まで帰って来たんだけどね。
「歩いて帰って来た」って言い張ってた。
まだ車いすに乗ってんのに!(笑)(笑)
毎日、お見舞いに行くと必ずゲラゲラ笑わせてくれる楽しい母です。

医療関係者は大変だと実感してるから。
ほんと。

この記事へのトラックバック