待ってた!大学から保護者への 2

広報誌に同封されていたお手紙その2
送付状


年に4回発行の広報誌ができあがりましたので送ります ってことだね

広報誌は素晴らしいのよ

画像


表紙で駐日大使さんがニッコリ微笑んでいたりして
制作は専門のところに依頼しているようだし、ちゃんとしてますのよ



送付状にはやはりネタが・・・

広報誌「○○」は紙面が限られており、ご期待に沿えない点も多いかとは存じますが、内容をより一層充実させ、皆さまに愛される広報誌になるよう、努めてまいります













(笑)







これはなに?

これは「保護者からうちの子が写ってない」っていうクレームが来ちゃってますが大目に見てね、ってこと?









(笑)
















まず親の指導から、だと私は思うが(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナハ子
2014年05月17日 23:28
へえ~
ほんとに驚きだわー
写ってないとか(笑)

大丈夫か、今時の親
chacha
2014年05月18日 06:42
学校も大変だね~
ここまで気ぃ使わないといけないのか。

毎朝ヒロを車で駅まで送るとき、SとかM大学の学生さんが、カラオケ店の前でひっくり返ってたり、千鳥足で車の前歩いたり・・おい、親!!
たた美
2014年05月18日 20:46
> ナハ子
まぁ想像で言ってるわけなんだけど、P介の高校で実際に「うちの子が写っていない」っていうクレームがあったみたいだからさ。
そういうことなんじゃないのかな、と。
そういうことだろうなー

> chacha
親!
ちゃんと自分で自分のことが管理できる子に育てよ!!
「その時は飲めるけど20分後に後悔するから『オレ酒強い』とか思わないように」ってちょっと言っとけば済む話なんだよ

親も経験少ないんじゃないのかねー
あめめ
2014年05月19日 21:30
むかーしバレエの発表会の子供の衣装作りを手伝っている時に、先生から「スパンコールの数とか位置とか、気を付けてね。子供は何も言わないのよ。親が数えてうち子は一つ足りないとか言われるから。」って言われた。それが約30年前。その時でさえ、「はい?」と思ったけれど、今や大学の広報誌でさえもそんなかぁ…←呆れて遠くを見つめてしまっている様子
たた美
2014年05月20日 01:36
あ それそれ!
P介の幼稚園の発表会の衣装、全部先生の手造りだったの。
「力が入りすぎるお母様がいらして、差が出てしまいますので必要なものはこちらで用意します」って園長先生がおっしゃっていたよ。
幼稚園の発表だと同じ役で5人くらい並んで演技するからね。
全員が平等の衣装で出演しておりました。

しかしスパンコールの数!スパンコールの!!?
数えるのかっ!
どこにでも昔からあるのねー ← 同じく遠い目
ナハ子
2014年05月20日 22:46
同じく・・・遠い目

この記事へのトラックバック