吊るし雛ですからー

新宿のとあるホテルで新年会 ←いまごろ

ちょうど「ホテルでひな祭り」ということで、ロビーに吊るし雛が飾ってありました

画像


江戸時代、高くてひな人形には手が届かなかったお母さんやおばあちゃんが
生まれてきた女の子のために
端切れでたくさん作って吊るしたのが始まりのようです

食べるのに困りませんように、着るものに困りませんように、など願いを込めて
着物の生地で作られています

美しい




わー きれーい♪と数人で全体を見て盛り上がっていると
いつも愉快なおじいちゃんがやってきました

このカタは真面目な顔しておかしい事を堂々と落ち着いたトーンでおっしゃるので
私はお会いするたびに大笑いさせていただいています


で「なんですか?」とおっしゃるので
「吊るし雛です。きれいですねー」と言ったところ、彼はキッパリと言い放ちました





干し柿ですか



画像




(笑)(笑)(笑)(笑)

もう干し柿にしか見えない!(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)

この記事へのコメント

chacha
2014年03月03日 14:17
chachaも今年は吊るし雛作ったよ!!
来年も作って、少しずつ増やしていきたい。
干し柿もやってみたい!!
らさちゃんが好きなんだよ~
たた美
2014年03月03日 15:12
是非、京王プラザホテルのロビーへ!

フクロウは不苦労
猿は魔除け
花は可愛い子になるように、など
それぞれに意味があるみたいだった。
あめめ
2014年03月03日 22:34
ん、確かに干し柿だっ(…よい子のみなさん、本当はお雛様です)。
たた美
2014年03月03日 22:43
干し柿でもいいんじゃないのかな、これ?
っていう気になるよね。
くくくくく・・・・

この記事へのトラックバック