子らは12月に成長したのだ その2 P介

27日

P介と高校の同級生たちは とあるホールを借りて演奏会を開催しました


ピアノ、バイオリン、フルート、トランペット、トロンボーン、歌、オルガン



高校の時にはすでに素晴らしい演奏をする子たちでした
(除 P介=修行が始まったばかり)

でもみんなの演奏を改めて聴いて思いました
「あの時は、みんな高校生だったのだ」


2年間で それくらい成長していました

一人8分の枠に 今の自分の魅力の精一杯が現れていました



P介は Quilter と Brahms の曲を3曲歌いました


実際に舞台で歌っているP介を見たのは久しぶりだなぁ

「ダメ」「ヘタすぎる」「成長しない」「響かない」「体が小さくて、しかも太れない」
この2年間、自分では目に見える成長は皆無みたいなことばかり言ってきました

そうでもないよ 深みが出たよ
相変わらず登場してから退場するまでがきれいだった ←音楽のことはよくわからない


音楽関係のお仕事をしていらっしゃる保護者の方々が
感想をくださったようです


声がやわらかくなったね~~~

男はまだまだこれからだからね。焦ったらだめだよ

P介が私に語りかけていた 泣きそうになった

選曲がよかった



どれも嬉しいお言葉だったようです
ありがとうございました

特に曲選びには時間をかけたようで
前奏が綺麗なこの曲を最初に歌ってイギリスの歌曲をここに持ってくる
など本人なりの考えがあったようです
そこをほめていただきました。ありがとうございます。



伴奏をしてくださったお嬢さんがとても素晴らしくて
「ここはこうしてほしい」と一回言えば全部その通りにしてくださる人だとか。

P介:(遠くに住んでるから)合わせ一回とリハでやってくれる友だちを選んだ
    しかも伴奏がボワっとせずにメロディラインがきちんと響くんだよ
    やってもらって本当によかった
    またこのクラスで音楽のことやりたいな すごく楽しかった



遠くに住んでいるけど、この演奏会に出演して学ぶところが多かったようです

P介:試験じゃないところで歌ったのは久しぶり



みんなもきっとそうなんじゃないのかな

先生方も来てくださり、講評をうかがうための列ができていたとか(笑)
後輩も先輩も年末寒い中来てくれていました


画像
開場前の記念撮影 の 15秒くらい前


そもそも美しい女の子たちの それはきれいだったこと!
今度成人式を迎える子たちです

がんばれ 若いヤツ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック