タブレット体験イベントに行ってきました

スマホ使ってません

だから指タッチには無縁



でも

タブレットにはちょっと興味があります


タブレット と言っても色々と出ているので
まず、その違いを知りたい、と思って参加しました、タブレット教室。

あと、パソコンとの違いを確認したいと思いました


持っている人が口をそろえて「便利よー」「起動が早いの。すぐに使えるから調べものにかかせない」
「布団の中にも持っていくよー」

なんて言っているんだよね

そんなに素晴らしいものなのかっ?



GO!新宿!!




シニア向けの講座みたいでした
タブレットの種類紹介があっておもしろかった♪


・ iPad  アップル 世界最初のタブレット

・ Nexus  グーグルのタブレット

・ Kindle Fire アマゾンの電子書籍で有名なタブレット

・ Surface マイクロソフトのタブレット

・ 光!フレーム NTT東日本 簡単操作のタブレット



他にも携帯の会社から出ていたりするよね。
特長もそれぞれ違うようでした

iPadはアプリがたくさんあるけどちょっとお高い とか
Kindle fireはスピーカーが二つあって音がいいし画像がきれい 
安いけどアプリの数ではまだまだ、とか まぁいろいろ・・・
普段googleを使っている人ならNexusがいいのかな


今回は、この中のKindle Fire で遊ばせて を使わせていただきました



検証1 起動が早いというのは本当か?

電源ボタンを長押しして Kindle Fire を起動します
・・・えー なんだよぉ 特に早いわけじゃないよ。
パソコンと同じなんですけど


講師の先生:タブレットはバッテリーが長持ちします。
      だからスリープ状態にしておくのが普通の使い方です

あー スリープから起こして使うから「起動が早い」とか言ってるわけか

 なんだそうか 

あ はい(^_^;)




検証2 操作は指でなぞるだけとはどういうことか

見ればわかる! そういうことでした
初めて触った私にも使い方がわかってしまう。

本当にそうでした
直観的で考える必要がありませんでした。

例えば検索しようと検索欄をタップする

とキーボードが画面に現れます
触っていればなんとかなるよね、というものでした。


文字を入力して検索!
先生のお言葉にしたがって「youtube」で検索。

あ しまった 予測検索(サジェスト機能)で「youtube 音楽」になってしまっているっ

音楽だけ削除して、また再検索したいなぁ


先生:再検索はできないんです。また新たに文字を入力して検索することになります


 なんだそうなんだ 

は~い





・・・指でなぞるだけ、って・・・
要するに「キーボードを接続しません」ってことじゃないのかい?(小さい声で)


先生:キーボードを接続する使い方はしませんねぇ





ストレスなし!ということですが、私にはとてもストレスだったので
タブレットは買わないな ←結論


じゃぁ高齢者にはどうか



いっちー:音声入力すれば便利かも


あー そうねー
手で文字入力しないという使い方ならいいかもしれないね。

例えばネットスーパーでお買い物をするような場合
最初に住所や電話番号を登録しておけば、次からは文字を入力する場面はないよ

そんな時にいいのでしょうね


あとパソコンで水彩画を描く人を知っているのですが
こういう人にはもってこいです、タブレット。

どこででも指で水彩画が描ける!

筆も絵具もいらない!!




どういう使い方をしたいのか、ということねきっとね
パソコンで本を読みたい人にもいいかもしれないです(電子書籍)
わからない言葉の意味はすぐに調べてくれるし(単語を触り続けていると勝手にやってくれる)
文字の大きさは指でビヨーンってやって変えられるし(ピンチアウト)
しおりもつけられるから続きからすぐに読めるよ
全体の○%読みました、ってわかるし

「アプリが豊富 趣味も仕事もこれ一台」っていうのはどうかなぁ。
趣味だけならいいんじゃないかな。

タブレットがどういうものかわかりました
一長一短がありますね
ありがとうございました

この日は2時間ほどの講習でしたが
私は講師の先生の不思議なお言葉が忘れられません

先生:インターネットは インターネットだけではできませんっ


たぶん端末が必要です、って言いたかったんだよね先生(笑)(笑)(笑)(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たた美
2013年07月10日 15:23
ニュースサイトのドラマの広告にイケメンがいたんだよ。
天才物理学者系の。
ビヨーンって大きくして喜んでたんだぁ。
「この使い方が一番正しい」という結論のタブレット教室でした。
あめめ
2013年07月10日 21:08
ある意味貴重な体験したねぇ、くっく。
私は何より、指で画面を触るのが嫌なのよね(スマホ込み)。画面が汚れるから(って私の手が汚いってわけじゃなく、必然的にね)。第一、キーボードほど便利なものは無い。見ないで文字も数字も記号も打てるのだから。だから私も、タブレットやスマホは基本必要ないと思っている(が、携帯の機種数が少なくなり仕方なくトロホ(スマートではないと未だに信じている))。バッテリー長持ちったって、いつかは切れるし(例えば、本はページが切れない限りそこにあってくれる)。
音声ではお家では良いけれども…職場では結構迷惑です、ええ。後ろから聞こえるんです、割と大きな声で、はっきりゆっくり言っているのが。その後にトロホからアンドロイド的声が戻ってくる…のが、気になる私。
たた美
2013年07月11日 00:01
Σ( ̄ロ ̄lll) 職場で音声入力している人がいるってこと?
自分のスマホで!?
こっぱずかしくないのかそれ


いや 


タブレットはパソコンが苦手な人でもインターネットをしよう、というツールだな、という感じがした。
あと旅行先にも!みたいなことだけど、いつもいつもインターネットを見ていないと気が済まないのもどうかな、と思うなぁ私は。
タブレットは「ヒマつぶしツール」だという位置づけで決定です、私の中では。

この記事へのトラックバック