大人のディズニー 2  シーにいた魔法使いの弟子

ファンタズミックという水上ショーはかなり楽しめました



「魔法使いの弟子となったミッキーが
   イマジネーションの力を信じて
    ディズニーファンタジーの世界を創造していく
     壮大なナイトエンターテイメントです」

というホームページの説明そのままで楽しかったなぁ


青いとんがりお帽子をかぶった魔法使いの弟子、ミッキーが

イマジネーションで邪悪なものをやっつけます



でも私はつい考えてしまった







「弟子? 師匠は? 師匠出せ 師匠っ!」







若いうちに楽しみましょう、ディズニーなんとか ←我ながら純粋からは ほど遠い






画像



この方らしいですよ、師匠

みかけなかったなぁ

この記事へのコメント

たた美
2013年06月23日 21:34
Disney を逆から読んでイェン・シッドって言うんだって。
風貌からは悪役なんだか英雄なんだか・・・(^_^;)
あめめ
2013年06月24日 20:41
…だよねぇ…弟子なら師匠が居るもんねぇ。確かに映画にも出てきていたと思うけれど…影うすぅ~い。なるほどぉφ(-_-;)Disney…Yensid…おおお!
chacha
2013年06月24日 21:35
この師匠とミッキーの関係・・・DVDでファンタジアをらさちゃんと観たんだけど、すごく衝撃を受けました。
東日本大震災の警告みたいな・・すごい、すごい、びっくりでした。
ミッキーは師匠(神さま?)の代わりに、たくさんの箒を使ってバケツに水を汲ませて働かせたので、なんとなんと大洪水になってしまった!!
・・・人間が神さまになってしまったこと、これを予言しているような映画で、ホント怖かった。
たた美
2013年06月24日 23:34
> chacha
あの時は「人間がおごり高ぶってはいけない」って改めて思ったもんねぇ。
きちんと習得していないものを使うと痛い目にあるよー みたいな感じもあるのかな。
師匠、ミッキーの失敗を助けてくれたみたいだ。
いい人なんじゃん←あらすじを調べた

> あめめ
師匠が誰なんだか気になるよねぇ(笑)
でも影薄いんだよ。
風貌がこわいとあの夢の国では活躍できないんだねーきっと。
2000年のは指揮がレヴァインなんだって。観たことないんだぁ。今度見てみよっと

あめめ
2013年06月25日 19:53
新しいのの指揮はそうなんだね、へぇ!
オリジナルはストコフスキーで、あの風貌が雰囲気にピッタリだったんだよね。ストコフスキーが師匠かって思うくらいに強烈な印象を与えるよ、あの人、ひっひっひ。
たた美
2013年06月25日 21:57
調べちゃった。
1941年にこの映画でアカデミー特別賞をディズニーと一緒にもらったんだって。
当時たぶん50代後半だと思う。
指揮棒使わないで両手あげてる写真がたくさん出てきたから、ホントに魔法使ってるみたいだったかも(笑)

この記事へのトラックバック