脳みそに刺激

P介が遠くへ行って

歌は聞こえてこないしピアノは聞こえてこないし

美術のにおいもしないようになってしまった


ので時々オペラなどに一人で行ったりしているわけなんだけど



土曜日は美術に触れてきました



http://domani-ten.com/





素晴らしい。
既成概念とかない。



「~じゃなくちゃダメ」とかいう凝り固まったおじさんにこそ
行っていただきたい展覧会ですねこれは。


~じゃなくちゃダメ なんていう考えは捨てよ。
すぐに捨てよ。



子供は3人いなくちゃダメだとか
女の子がいなくちゃダメだとか
○○じゃないとダメなんだよ、とか

どうでもいい


この展覧会を観たら
そんなことはちっぽけだとよくわかると思う。
悪気がないのは100も承知だけど、せめて押し付けてくるのはやめていただきたい。
私は違うもの。

美術館では人が自由だから好きだなー。
作家さんの作品たちはとても自由。
見ている人たちも自由。


○○じゃないとダメ
とか言う人にこそ見てほしいけど
おじさんはこういうの見ないんだろうなー

そしてそんなわけのわからない押し付けにあっても
私は美術館でリセットできるからいいのね。

P介・・・ちょこちょこ帰って来ないとね(^_^;)



この記事へのコメント

chacha
2013年02月05日 11:16
「なんじゃこりゃ~!?(@_@;)・・・とか、言っちゃだめなのね。
「既成概念」をぶち破るのか~!!
あめめ
2013年02月05日 12:23
「じゃないとダメ」というのは、基本的に道徳・倫理、そういったものを守らなきゃいけない部分だけだと思う。他は所謂既成概念と言われているものを先に打ち破ると何か他の人たちに刺激を与えることができるのではなかろうかと思う。コロンブスの卵的な…。
ただ、よく母が言っていたけれども、「新しいとか言ってやっている人沢山居るけれど、結構もう昔の人が色々やっちゃっているからねぇ。本当に新しいものってそう数があるものではない。」と言うのも事実だろうなと思うけれど。若い人が色々見て・聞いて・体感して、どんどん真に新しいものを目指してくれると世の中が活気づくよね。だからこういう展覧会をプロデュースしてくれる機会って大事だと思う。
たた美
2013年02月05日 13:31
そうそうそうそう。
これは毎年開催されているみたいで
文化庁の芸術家在外研修(新進芸術家海外研修)制度で海外に研修を行った作家がその成果を発表する展覧会なんだって。また脳みそに刺激をもらいに行きたいわほんと。
たるんたるんに垂れ下がって見えるオブジェが実は全部セラミック製だったり
ペン画が精密すぎてすごいんだけど、ただすごいんじゃなくて自然と文明がちゃんと描かれていたり。
すごかったわー
小さい作品のくせに ぐぉーーーーーーーって迫ってきたりするわけだけど
大きな作品がたくさんあったので圧倒されまくりだったぁ。

ソファはそこじゃダメだとか、どうでもいいよねぇ。
そんなどうでもいい「~はダメだ」をP介は言われるらしいんだけどね。
半ばに帰ってきたら美術館に行くといいわよね。

> chacha
それぞれの哲学を作品に込めているんだってよくわかる作品ばかりだったよ。
わざわざ既成概念をぶち破っているわけじゃなくて、そもそも既成概念を持っていないんだろうと思った。
育った場所によっては「~しないとダメ」って言われて子供の頃つらかったかも。
こんなに自由なのに。

この記事へのトラックバック