がははなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS オムツはずしは夏のものとは限らない

<<   作成日時 : 2012/07/08 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9


小さいお子さんをお持ちのお母さまから送られてきた冊子が

たまたま子供向けの雑誌のPRにくるまれていました。






オムツはずしについてのマンガが描かれている


著作権があると思うので線いれます



画像



画像


画像


画像


画像



ぷっ



いや

笑ってはいけないが




オムツはずしは
どうして夏って決まっているのでしょうね




洗濯ものがすぐに乾くから?




濡れても子供がかわいそうじゃないから?





そんなところかな。




子供によると思うなー


一般的には2歳前後の夏らしいけど

こだわると大変なんじゃないかな。




1番、小さいいっちーくん


とてもプライドが高く、難しい子でした

できない、やれない、なんていうことは自分の辞書にはありませーーん


なので夏にはずそうとしたら時期尚早でこじれた。(2歳1か月)





自分が困らないとダメな子だったな。

だからもう一度、真冬の寒ーい日に外で決行
(すぐに帰れるように近くで)




私はおうちが汚れないのでストレスにならないし
いっちーも冷たくて震え上がり、「これはマズい」と思ったのか一回で成功 ( ̄ー ̄)


ガンコな子は自分が困る状況で外すのが一番





2番 小さいP介くん



いっちーの運動会が終わるまではオムツをしてくれている方がありがたい

ということで運動会を過ぎて2歳8か月くらいで決行




「おしっこはトイレでするんだよ」

「そうか。トイレでするのか」


この会話で簡単にオムツははずれました。

その後一回も失敗はなし



聞き分ける子は言えばわかる




ようするに2歳半と2歳8か月でオムツがとれました。





「2歳前後の夏」はやめて「2歳から3歳」にかえたらいいんじゃないのかな。



早くとれればエラいってもんでもないと思うし。

その子の発達と性格に合わせて、がいいと思うなー



DVDを見てもとれない子はとれないよ

営業妨害になるといけないので線(笑)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
「夏」というのは、寒くない(=暑いから子供もおむつを嫌がる、或いは、濡れても冷たくない、おしっこの間隔があく)ということで「夏」の方がはずし易いとなっていると私は教わったよ。
ただ、ホント、「二歳の夏」ってのはいかがなものか。生まれた時期にもよろうが。第一、本当にそんな一辺倒な事で子育て上手くいくなら誰も悩まないよね。個々の様子を見て、親にも子にも取り易い方法や時期があると思うけれど。ただ、今時の若いのは面倒だからと言ってずっとオムツをさせておいたりしちゃう人も居るみたいね。かなり大きくなるまでベビーカー使うし。なんだかねぇ…と私が言うと反感もたれそうだけれど、かえって色々なご家庭のお子さん見ているっていう点ではこの”マニュアルのようなもの”にぎょーてんじゃよ。
あめめ
2012/07/09 17:11
あー間隔があく!
そんなんだったそんなんだった。
間隔があいたって何だってダメな時はダメよね。
DVDを見たからって・・・←どうもそこを一番いいたいらしい(笑)
「1歳半になってもまだオムツをしているのは恥ずかしい」とか言ってた友達がいてね。
育児ノイローゼになったわねやっぱね(^_^;)
マニュアルとかに振り回されたらダメよ。
たた美
2012/07/09 21:08
し○ちゃんだね。
らさがこのDVDで育ってます。
けっこう、これがうまくいってる、っていうか(せ○のう?)いずれにしても、うまくいってればいいかな(汗)
今もこれで、スムーズに、驚くように、ひらがな読めてます!!

それにしても、たた美、よく覚えてんね。chachaなんで、自分の子どもがどうだったか、ぜんぜん覚えてませんです
すんばらしいです、尊敬します。

ひとつ相談。
らさちゃんはこの三か月オネショぜんぜんしません。
でも、マナママは、心配(めんどう)でおむつして夜寝かせてます。
それ、もういいよね。
オムツもういらないよねぇ〜!!
chacha
2012/07/09 21:48
洗濯したりお布団干したりするのはマナママだからなー
言えないかな。
おねしょしちゃうのは自分の意思と関係ないから叱らないように、って話だったし。
今、昔と違ってオムツとかおねしょパンツとか可愛いみたいじゃない。
らさちゃんも案外喜んで履いているのかも。
chacha、泊まりに来てもらって可愛いパンツのプレゼントしたらいいよー\(^o^)/

ひらがなは読めない子の方が想像力豊かに育つって話だったよ。
読めると絵本読んでもらっている時に字を追っちゃうからだって。
イメージをうかべないから。

DVDはそれなりに効果があるのか。
ふむふむ。
たた美
2012/07/09 22:15
>ひらがなは読めない子の方が想像力豊かに育つって話だったよ

なあるほど・・・。確かに!!
でも、らさちゃんは読めるようになったら自分で「本読みたい!!」「読めるかも!!」って、いい感じなんだよね。
それに、手紙とか自分で読めるようになると、すごく嬉しいみたい。
まぁ、おしつけないようにするのが大切なんだよね。
chacha
2012/07/10 11:35
幼児教育の専門家ではないので私は言えないけど、教わったことね

いっちーの幼稚園にいたベテラン先生より(chachaの大好きなM牧師が園長先生していたところ)
・絵本は親が読む。子供にとっては親をひとりじめできる大事な時間で心の安定にもつながる。兄弟姉妹がいるなら特に必要な時間。
・絵本を読むと集中力がつき、相手の目を見て会話できる子になる。知識も自然に身につく。
・文字は小学校にあがるくらいまで覚えさせない。文字はあとからすぐに覚えるが他人を思う想像力は幼児期にしか育たない。
・図書館で家にある絵本を借りたがるが、その時には「大好きな絵本なのね」と言って借りる。その子にとってはとても好きな絵本だということ。
・お気に入りの絵本は捨てたり譲ったりしない

P介の幼稚園での講演会に来た幼児教育専門家より
・親が喜ぶことを子供はやりたがる。
「塾に喜んで行っている」= 塾に行くと親が喜ぶから喜んで行く
たた美
2012/07/10 21:56
大好きだった絵本を見ると二人とも優しい顔になるから、とっておいてよかった、って思うわ。
たた美
2012/07/10 21:59
たた美・・教えてくれてありがとう。
それにしても、よく記憶してるなぁ、何かにφ(..)メモメモしてたのかな?
M牧師はさすがだわ。
たた美が子どもたちを本当に丁寧に育ててたことが分かります。
大雑把育児だったchachaですが、読み聞かせはいっぱいしたよ。
自分が好きなことは続けられます。
マナは昔読んでもらった本を懐かしさでわくわくしながら、らさちゃんに読み聞かせてます。
chacha
2012/07/12 07:31
M牧師もお孫ちゃんによく絵本のプレゼントしていたみたい。
あの幼稚園で教わったことは印象的で、3年間繰り返して教わったのでよく覚えてるんだぁ。
今になって「素晴らしいことを教わったー」って実感しているよ。
やっぱ生の声だと思うなー
し○じろうちゃんの声じゃなくて。
たた美
2012/07/12 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
オムツはずしは夏のものとは限らない がははなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる