ずうずうしいでしょうよまったく

P介、音楽教室の成果発表会みたいなのに出演。


世界的な若手音楽科は本当にかかわってくださいました。


画像


練習中、成長中、しょせんはお稽古です、な方々の歌なのですが
この音楽家さまは見事な伴奏と語りでつないでおりました。
あーおかげさまでおもしろかった。

見に来てくださった方々、ほんとうにありがとうございました。



夕方に終了したのに夜遅くに帰ってきたP介。

P介「打ち上げの後、カラオケに行ったんだよ」

たた美「えっ・・・だ 誰が行ったの?」


P介「先生たちと全部で7名で」


; ̄ロ ̄)!!

( ̄□ ̄;)!!

Σ( ̄ロ ̄lll) 





若手音楽家さんと歌の先生を含む7名でカラオケに行っただとぉ?


P介「先生ね、La traviata 歌った」


私と代われ


なに もー ずうずうしいわねほんとにもー

いいなー

この記事へのコメント

あめめ
2012年03月22日 09:58
カラオケで椿姫っつぅーのも素敵な選曲だわぁ♪
残念なのは、今回演出などなさってくれた才能ある若手音楽家の方のような人たちが、結局自分のやりたい事をつきつめていくと海外へ出てしまうということなのよね。確かに、最終的に世界で活躍してくれるのが良いのだけれど、日本を拠点にしたがらないというのは悲しい事実であり、でも納得しちゃう。
若者に頑張っていただかなければっ。
たた美
2012年03月22日 17:19
このカタはローティーンの頃からイタリアの寮にいたのでイタリアが彼を育てた、というところだと思う。
日本だと特殊な才能は育ちづらいのかもねー
みんなで同じ教育を受けて 体育でも数学でもなんでもできる=優秀なお子さん だもんねー

P介は歌マネとアニソンで場を盛り上げたらしい。
カラオケっていろんなジャンルがあるのねぇ。
chacha
2012年03月23日 06:27
マナも昔ら練習場所がない時は、カラオケに行って、皆で本番の練習してたよ。
今は応援してくださる方がいて、新城のピアノつきの部屋を無料でいつでも貸してもらえます。
日本で歌うたって食べるのは、無理…で海外から帰れない人も多いよね。
たた美
2012年03月23日 11:52
需要がないよね。
学生はいいけど、確かに大人には練習場所の心配もあるし、伴奏者がいないと歌にならないし。

この記事へのトラックバック