卒業間近 最後の演奏会 覚書

P介の高校で最後の演奏会がありました。

同じ校舎に後輩はいるものの
P介たちは最後の卒業生なので、本当に最後の演奏会です。
ひとり7分間ずつ演奏します。

画像


卒業を間近に控え、P介は初めて自分の歌を歌いました。

これまでは学校の先生の指導があり、自分で歌いたい発声で歌うことができずにいました。
いい先生なので余計に反発できませんでした。

病んじゃったりもしたけど、乗り越えたね。
P介はさらに強くなり、今回見事にやりとげました。

7分間で2曲。

その中で「自分はこういう歌を歌いたかったんです」と訴えていました。
よく伝えることができた。
やっと歌えたね。
きれいに歌ったいい歌だったと母は思う。
病気になる前より良くなったよ。
なかなか元の調子に戻らなかったけど、今回いきなり越えた。
声が空気に乗っていたよ。

「主任の先生にこれからが楽しみだって言ってもらった」

さらに磨いていってちょうだいね。
まだ18歳だからね。

病気のP介を支えてくれた方々には心から感謝します。

42人のお友達にも感謝。
P介に素晴らしい3年間をありがとう。
全員、すっかり大人になったよ。
精神的にも成長したし表現も成長した。
がんばれ、若いヤツ!

この記事へのコメント

たた美
2011年12月18日 21:17
ほんっと寒そうな学校だないつ見ても(笑)
あめめ
2011年12月19日 20:07
ホント、何一つ無駄な事は無いね。大変だった事が、もんのすっごい養分になったんだね、きっと。良かった、良かった。
たた美
2011年12月19日 22:06
養分になったんだねー
ありがとねいろいろと。
この3年間でかなり成長できたよ。
最後の一年間は特に変化の年だった。
人生の中でも大きな一年間だったと思うな。
chacha
2011年12月24日 08:49
ご卒業おめでとう(*^▽^)/
色々あってホッとしたことでしょう。私もマナが卒業した時と成人した時はホッとした。
「もうし~らない」ってね(笑)
卒演聴きたかったなぁ。
まだ若い、なんでもできるし、いっぱい失敗できる、うらやましい(^o^)
たた美
2011年12月24日 15:03
私、いっちーが成人した時にホッとした(笑)

P介はまだ高校生なので、その日に調子が出るかどうかわからないんだよー。
だから「聴きにきてー」って言えない状態なんだなぁ。
そのうち聴いてほしいな。

この記事へのトラックバック