しゅーまん!

学校のピアノの実技の試験ですって。

みんなの前で弾くんですって。


P介「なんとか暗譜した」


じゃ大丈夫かな?


P介「ダメ」



なんで?



P介「長調の曲なんだけど途中が短調になってしまうことがある」



くくく…


帰宅後の報告によると
やっぱなっちゃったって(笑)


おつかれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あめめ
2011年11月26日 09:06
ああ、あるねぇ、そういう事。
私ゃシューベルトであったね、そーゆー事。H先生が、「なんかすっごい悲しいぃー二楽章になっちゃうよぉ~。」と吹き出していた(←曲想としては悲しいが、現象としては爆笑)
たた美
2011年11月26日 20:48
そういうことってやっぱりあるのね(笑)
ある意味才能だよね。
エバれないけどね(笑)

ダメだよねぇシューベルトとかシューマンの曲を編曲しちゃったらねぇ(笑)(笑)
chacha
2011年11月28日 13:45
ある意味才能というより、才能そのもの!!
chachaなんて、楽譜通りしか弾けませぬ(^^♪
たた美
2011年12月03日 08:34
試験の場合その方がいいのかも(笑)

今日も定期試験なんですけどねー
まだ寝ているというのはどういうことだこれ(笑) ←笑っている場合じゃない

この記事へのトラックバック