好きだった曲とかについて考える ①背中が痛い=要注意

伯母の告別式に行きました。
地方なので泊まりで行ってきました。



考えたこと

① 背中が痛い=要注意


② 好きな音楽ー?







  いわゆる沈黙の臓器と言われるところのガンが死因だそうです。
  
  大きい病院に行った時にはもう手遅れで、手術もできない状態だったとか。  



  ずっと背中が痛かったんだって。
  

  で、近所のお医者さんに行ったら湿布薬を渡されたとか。
  

  しばらくそのままでいたんだけど、それでも痛いから大きい病院に行ったらしい。
  その時には、もう手遅れになっていたそうで。


  「東京だったらそんなことはなかっただろうけど」と親戚のみなさんから何回か聞いた。
  そうかなあ。

  そこはわからないな。

  

  とにかく背中が痛いっていうのは要注意だということはよくわかったよ。
  
  みんな気をつけましょー。


つづく
  

この記事へのコメント

ぶち
2011年09月21日 10:35
そそ。うちの母もそうだった。
ずっと田舎の接骨院みたいなとこで電気あててもらって、湿布して。
背中が痛いは膵臓を疑え!
あめめ
2011年09月21日 10:46
そうだったね…ぶちさんのお母様は膵臓。
そして、腎臓も背中。
背中でも、場所が違うから、お医者さんは大体見当つくみたい(悪い個所は。ただ、癌であるか炎症であるかその他かは、もちろん検査が必要)。
chacha
2011年09月21日 20:19
はい、肝臓は!?
たた美
2011年09月21日 21:46
背中に抜ける痛みは肝臓だって。

http://www.sm-sun.com/kenkou/seiyou/senakanoitami.htm

近所のおじさん、背中が痛いから近所のお医者さんに行ったら心筋梗塞だった。
背中はやっぱり要注意だね。
たた美
2011年09月21日 21:56
「なるほど」の気持ち玉ありがとう。
背中には要注意ですっ!

この記事へのトラックバック