P介今日も将来について考える 覚書

レッスンから帰って。


P介「ピアノの先生がわかってくれたよー。応援してくれるって」


おー それはよかった。
一般的に「いい進路」とされているところからはハズれようとしているP介。
かたい決意。
ピアノの先生はちょっとした壁だった。


P介「だいたい先生方にはわかってもらえた。 
    
   あとは先生(高校の先生)。

   あの先生はラスボス(ラストに控えているめちゃくちゃ強い敵)だな」


それでも進路はひとつしかないから、いつかはラスボスのお城に入って、進路希望を言わなくては。
猛反対されることは目に見えているなぁ。

P介「いつ行こうかな」


たた美「3年の二学期!(進路指導がある時期まで黙っていろということ)」


P介「早く行っちゃった方がいいような気もするなぁ」



ダメだよ。
ラスボスのところには、アイテムとか回復の薬とかたくさん集めてから行かなくては。


先生もP介のためを思って言ってくださっていることだから
なんとも言い出しづらいんだよねぇ。

でも高校生の夢は誰にも壊せないなやっぱり。
危険な冒険だったとしても、やらないで悔いを残したくない、って思っているようだし。

きちんと調べて、データも集めて、資料をたくさん持ってからお城に行ったらいいよ。

子離れしないとなー
できるところまで行け!って言ったのは自分だもんなー
P介って分身みたいに思ってたけど、やっぱP介だしなー

手を離してもいつのまにか自分から手を出してつないできたP介。
こんなに勇気と決意と夢と自分がある高校生に育ったことは喜ばないといけない。

しばらくつらいなー

この記事へのコメント

しるべ
2010年06月12日 22:56
しるべはいまだにしっかり息子たちと手をつないでるよ~、ラリラリラ♪
・・・ごめん・・たた美は真剣に子離れを考えてるんだよね。
でも、子離れ無理にすることもないよ。
一緒に歩いていくのはいけないの?
一緒に将来を考えてはいけないの?
これ、しるべの27歳になろうとしている双子の息子との関係を思いながら、けっこう真剣に悩んで疑問を投げかけています。
こんな親子は今は多いと思う。
お母さんと仲良しの息子。
お父さんと手をつないで歩く娘。

これって、いけないことなのかーーー!?!?!?
きもいかぁ~!?!?!?
ナハ子
2010年06月13日 22:34
ビックコーラグミを食っていたあのPちゃんが・・・悩んでいるのか

まだまだ、そのままでいいんじゃないかなあ
親って、子供には飛び立てる羽根を生やしていくのが役目でしょ
いっちーくんもPちゃんも、まさに、たた美家風のそして独自の羽根を
今は生やしている途中なんだもんね

ウチの息子は27歳。自分の将来を真剣に考え、悩んで苦しんでいるところ。
息子と娘は、自分の事・仕事・友人・将来の事・・・私にはよく話してくれる。会話が多い親子関係っていいと思う。自分の子が、自分の親が、何を考え
何をしてきたか、たくさん話して理解し合いたいね。
そして、飛び立ってほしいな。

頑張れ~~P介~~~~~おばちゃんも応援してるぞお
たた美
2010年06月14日 01:56
P介さー
東京じゃないところに進学したいんだぁ。
一生ついていく、って決めたスペシャル大先生が九州にいるんだよ。
そりゃ先生方は反対するよ。
せっかく東京にいるのに。

卒業しても東京に帰ってくるかどうか 
(T▽T)やっぱ泣ける。

まだまだ羽は伸びきるところまで行ってないんだぁ。
周りの友達はライバルになるだろうから弱音ははけないし、相談もできないだろうし、ホンネも言えないだろうし。
「精神面で心配です。お母様もついていってください」って先生①には言ってもらったんだけどね。
ボケ始めている親を置いていけないし。
親がついてくる大学生なんて聞いたことないし。

母が必要だろうに一人で出て行くんだよ。
離れなければいけないわけだ。

・・・やっぱ最初だけついていこうかな(笑)

毎日必ず一回は大笑いさせてくれる子だったから、いなくなっちゃったら寂しいしね。
でも、そこは子離れしないと、と思って。
なんだか残念な、ハリのない毎日だろうなー。
でもしょうがない。

端午くんもしるべの息子ちゃんも、母を必要としているんだよね。
必要としている間はやっぱ必要なんだと思うよ。
いくつになっても必要なら寄り添っていたらいいと思うよ。
結局ひとりで生きて行けるように育てるのが親の仕事ではあるけど。

でもP介が手をつないできたのって7歳か8歳までだったよ。
ぷぷぷ・・・
ナハ子
2010年06月14日 11:20
おお~
そういう事だったのかあ
それは寂しいけど、子供の希望なら叶えてあげたいよね~
そういうのはしかたないよ、寂しいのは当たり前だし、無理に
子離れしようと思わなくていいと思うなあ・・・
月に1度はPちゃんトコに行って、ご飯たっぷり作って冷凍しておくとか
いろいろできるじゃん^^
距離はあっても家族・母子なんだから、必要として当然だよ~
寄り添っていればいいのよ^^
私が言いたいのは、息子が結婚しても母親がアレコレと口を出すようには
なりたくないって思っているので、そういう意味の子離れかな。
最近、よく聞くんだよね、嫁の立場の子から・・・^^;

友達の息子も大学は地方を希望し、家を出ちゃってさ
大学が終わってこっちで就職かと思っていたら、さっさと地方勤務を
希望し、また引っ越して行ってしまったよ~
男の子だし、しかたないねえ・・・なんて友達は言っているけど
やっぱり寂しそう・・・

コレをやりたい!こうしたい!って、もう考えがあるなんて素晴らしい!
Pちゃん、とことんやってこーい
たた美親子は絆があるいい関係なんだから、きっと大丈夫!
しるべ
2010年06月14日 21:35
ぎゃぁ~!!
そんなPちゃんのあつい思いがあったのか!!
しかし・・しるべだったら・・・やっぱぁ、顔で喜んで送り出すかなぁ??
あぁ、困った、困った・・。
しるべは子どもたちが20歳過ぎたら干渉しないことにしたんだけど、Pちゃんは18歳くらいだもんね、そりゃ中途半端だよね。
でも、昔は中学卒業して集団就職とかで東京に送り出されたんだよ(汗)
たた美
2010年06月14日 23:22
18歳だよねー
ひとりでいるのは全然平気な子だから、そこは心配していないんだけどね。
私がP介なしでいられるのかどうかだな。
「母、聞いて聞いて」って言って来る子がいなくなるのはちょっと。
やっぱ慣れないとなー。

あとなんかあった時に一人で乗り切ったことないから。
試練だ!って割り切れればいいんだけどね。
18歳だからなー。

> 月に1度はPちゃんトコに行って、ご飯たっぷり作って冷凍しておくとか
いろいろできるじゃん^^

「またP介のかーちゃん来てるぜー」とか言われるようになるか。
ぷぷぷ・・・

みんな応援ありがとね。
集団就職なんて、子供を東京に出すんだもんね、電車に乗せてね。
心配だったろうねー。
今メールもあるしね。
あめめ
2010年06月15日 21:57
なんだか安易に聴こえてしまうと申し訳ないと思って躊躇
していたけれど…距離が出ることで、親御さんもお子さんも、
尊敬だとかありがたみだとかそういったものがより一層
強くなるということもあると思う。今だって充分解って
いるのかもしれないけれど、”より一層”ね。私、イギリスへ
行って居る間に、母はよく我らを育てたなとあらためて
感じたもの。帰国して母にそれを言ったら、「やっと
わかったかい。」なんて言っていたけれど、多分”解ってくれた”
という、なんだろう、ある種の達成感みたいなものを
感じられてのでは?とも思うし、私は私で親のありがたみを
再度確認できてそれまで具体的に感じていなかった「大事にして
あげたい」という気持ちがうまれたと思う。

もう一つは、国内であればいざという時などとりあえず
一日あればなんとか行き来できるし。ね。

私も応援してますぞっ!
たた美
2010年06月17日 23:44
ありがとうっ!!
そうだよね、1日あれば行ったり来たりできるもんね。
娘を海外に出すのも勇気が必要だったろうなー。
だいぶ近い気がしてきた(笑)

この記事へのトラックバック