初めてのメール来たー

84歳の父が。
「メールをしてみたい」というので、あれこれと教えてあげた。




「難しい」という。



ので



「お返事はいいから読むだけ読めるようになったらいいんじゃない?」
と言った。
で、毎日メールを送り続けた。

P介の写真も添付したりした。





6日後、ついに父からメールが来たーーーーーー
文章がついてるーーーーーーー


返信できるようになったんだね。


始めて3日後にもメールが来たけど、本文のないものだった。
これは私のメールに返信して送信したものと思われます。


6日後の今日届いたのは「無事とどいたら おなぐさみ」という内容のメールだった。
わー わー
すごいすごい。

毎日触っているのが一番の近道だからね。
これからもなるべく毎日メールするね(^.^)

この記事へのコメント

しるべ
2010年04月15日 09:22
いい話しだぁ・・・泣きそうになった
たた美
2010年04月15日 12:28
父には時間がたくさんあるはずだから、頑張ってもらたい。
うん。
母の興味をひくようなこともメールに書いて読んでもらおうと思ってるんだぁ。
ちょっとは脳の刺激になるかもしれないし。
近いから行けばいいんだけど、なかなかね。
しるべ
2010年04月16日 09:42
そういえば、しるべの前の教会の老夫妻、ご主人がメールできるようになったので、しるべのブログを読んでくださり、メールで感想送ってくるの!!
それで、メールを返信すると奥様に読んで聞かせて、今度は奥様の言葉をかわりにメールにしてくれて送信してくれたり・・・。
すごく嬉しい。
普通なら会わなくなるとご無沙汰で終わっちゃうのにね。
たた美
2010年04月17日 01:41
しるべと会ったときも久しぶり、って感じしないもん。
毎日会ってるような感覚。
メールって気軽にできていいよね。
切手いらないし。

この記事へのトラックバック