小さなことで幸せ

印鑑売り場に名前があったことで幸せになれた。
小さい幸せ。

思い出した。

この前のレッスンでP介の先生がおっしゃっていた。
「日本人の女性、小さいことでシアワセなれる」

多少日本語が不自由な先生ですが、日本の女性と結婚しています。
先生の国の女性はよっぽどのことがないと幸せな気持ちになれないようです。

「この国には二度と来ない」って怒って帰っていった女性がいて
なぜ?って聞いたら
「レストランで夫の前にまず料理が置かれる」と言ったらしい。

レディファーストが徹底されていて当たり前なのでしょうね。

小さいことで幸せになれる日本の女性でよかったー。
レッスンについて行って、私が一番勉強になったことはそれでしたよ(笑)

この記事へのコメント

chacha
2010年03月22日 18:39
そうだったの?
男性から出たんだ・・気がつかなかった(汗)
たた美
2010年03月22日 19:59
そんなこと気にしてないよね。
あめめ
2010年03月22日 20:46
同じお料理屋さんでも、若い従業員の女の子が出すと私達から
出してくれて、お上さんが出すと男性+年功序列なんて事もある。
割とはっきりしてるよ。でも、フランス料理とかへ行くと必ず女性から
出してくれたり、或いは、人数分の人がそれぞれの所へ立って
一斉に出してくれる。とても良い所は、こちらが気づかないように
上手にそれをしてくれている。それでお店の良し悪しが見分けられたり
もするよ。
私も昨日ちっちゃいことで幸せだった。鮑一貫でちょー幸せだった♪
chacha
2010年03月23日 19:53
あめめの言うように、よーするに、chachaが気がつかなかった、「そーーと」「さりげなく」やることで成功しているんだよね、そのお店。

そういうことに敏感な女性「フェミニスト」とかの人、知り合いにもいるいる!!
たた美
2010年03月24日 08:13
「さりげなく」かぁ。
そういうお店に行ってないってことだな、私は。
気にしたことないし、一斉にお料理だされたりしたことないもーん。

先生のお友達もファミレスかどっかに行ったのかもねぇ。
そんでハンバーグ食べて口に合わなかったからもうこの国にはこない、とかそんなのもあるかも。
ぷぷぷ・・・
鮑はかなり幸せになれると思うよ。

この記事へのトラックバック